新幹線の開業から約3年半。観光客も増え、好景気に沸いていると言う「北陸」だが、不動産投資の市況はどうだろうか。

不動産投資家の注目を集めるエリアの1つでもある北陸は、しかしながら各県でその特徴は異なっている。今回はそんな北陸エリアを、2回にわたって現地からリポート。前編では、「富山県」および「福井県」からお伝えする。

「利回り高い」富山、秘密は土地価格

日本海に面し、南北にのびる日本列島のほぼ中心に位置する富山県。立山連峰を擁し、自然豊かな同県の人口は約105万人(2018年11月現在)で、1998年ごろから右肩下がりの状態だ。

富山県の市町村を人口順に並べると、1位は県庁所在地の富山市。その後に、加賀藩主・前田利長によって築かれた高岡城、その城下町として発展してきた高岡市、富山市と高岡市の間に挟まれ、ベッドタウンとして人気の高い射水市が続く。

そんな富山県は、多くの不動産投資家からの視線を集める、熱いエリアの1つでもある。その理由を、富山県内で不動産投資を実践する真野淳也さん(仮名)は、「土地の価格が安いことがあるのでは」と指摘する。

2018年の富山県住宅地の平均価格は1平米あたり3万5000円で、石川県の住宅地の平均価格(5万100円)よりも安い。ちなみに福井県の平均価格は1平米あたり3万9700円で、富山県と比較して若干高額だ。

その一方で「富山市と金沢市で、とれる家賃にそう大差はありません」(真野さん)といい、富山の方が、利回りが高くなる傾向があることから、富山での不動産投資熱が高まっているようだ。

真野さんが所有する物件の平均的な利回りは13~14%。「仲間の投資家も中古物件で15%を目標にし、少なくとも12%なければ買わないという人がほとんどです。新築なら10%が目標ですね」と真野さんは話す。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む