不動産会社の営業マンを主人公に、不動産営業の厳しいノルマやプレッシャー、そして客に家を買わせるためのテクニックを赤裸々に描いた『狭小邸宅』ですばる文学賞を受賞し、デビューを果たした小説家・新庄耕氏。

2018年12月からは、土地の所有者になりすまし、多額の金をだまし取る「地面師」を題材とした新連載もスタートした。そんな新庄氏が、不動産業界に感じていることとは? なぜ地面師をテーマに選んだのか? 「不動産が好き」という新庄氏に、その胸の内を聞いた。

「積水」事件きっかけに新連載

―文芸雑誌「小説すばる」の1月号(12月17日発売)で、新連載『地面師たち』が始まりました。地面師という存在を知ったのはいつですか?

きちんと存在を知ったのは、昨年の夏ですか、積水ハウスが63億円をだまし取られたというニュースを見てですね。それをきっかけに、今回の話を書くことになりました。

でも、以前から「地面師」という言葉は知っていました。よく行く飲み屋さんの常連客に「次は『地面師』を書いてよ」と言われたことがあったんです。

でも、これは別の地面師でした。競馬のレースが終わった後に、馬券をわっとばらまくシーンを見たことないですか。その常連客の話では、この時に誤って捨てられた勝ち馬券を拾い集めて、生計を立てる人のことを「地面師」って呼ぶそうで。まあ、その企画は結局流れてしまったんですけど(笑)。

―言葉自体にはなじみがあったんですね。

ニュースを見て、「こっちが本当の地面師か」と気付きました(笑)。

―第1話では、地面師グループが「ササキ」という男性に地主のふりをさせ、不動産会社から7億円をだまし取る決済の場面が描かれました。取材はどのようにしているんですか?

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む