中国で生まれ、日本の大学院で博士号を取得した後、専業主婦として不動産投資を始め、35歳で不動産会社に就職した異色の経歴の持ち主。本格的に大家としての道を歩み始めたきっかけは、仕事のストレスで押し潰されそうな夫の姿を目の当たりにした時の無力感だった。

現金で中古区分マンションを地道に買い増す戦略を徹底し、昨年末に融資を受けて初の一棟物件に挑戦した金子渓さん(36)。中国人として、女性として、そして親として、異国の地で大家業にまい進する日々を追った。

日本に来た理由

1982年、中国・湖南省に生まれた。現地の大学で土木工学を専攻し、修士課程を修了した2007年に留学で来日。名古屋大大学院で橋梁の耐震性について研究した。

「日本行きを決めたのは、単純にジャニーズが好きだったからです(笑)。別に橋梁に興味があったわけじゃなくて、日本に来られれば何でもよかった。日本語は学生の時に名探偵コナンのアニメを見ながら独学で喋れるようになったんですが、ずっと一人称が『ボク』だったからビックリされた思い出があります」

日本語で知識ゼロから専門分野の学びを深めることには当然苦労したが、無事に3年間で博士号課程を修了。卒業する2日前、28歳の誕生日を前に入籍し、専業主婦としての生活を送りながら不動産投資の勉強に励んだ。

進む道を決めた母親の姿

就職ではなく不動産投資を選んだのには理由があった。「30歳までに子供を産みたかったから、就職してすぐ育児休業に入るのを避けたかったことが1つ。それと、わたしの母親が株やFX、先物など投資のベテランで、PCの前に張り付いている姿を見て育ったこと。そういった投資が不安定だと実感していたから、資金があるなら不動産投資がやりたかった。中国の不動産が簡単に手が出せるようなものではないと知っていて、日本の投資環境が世界一だと感じたことも理由です」

3カ月の猛勉強の末、宅建に合格し、本格的に物件購入の準備を始めた。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む