PHOTO: iStock.com/gyro

今年も確定申告のシーズンがやってきました。今年の申告期間は【2019年2月18日(月)~2019年3月15日(金)】です。今回は楽待新聞がこれまでお届けしたコラムの中から「確定申告」や「税」にまつわるコラムを5つピックアップしました。みなさまの確定申告の手助けとなれば幸いです。

「確定申告」・「税金」にまつわるコラム

※クリックで本文の該当箇所にリンク

1.「確定申告」の基礎、国税庁のHPから読み解く (さんきゅう倉田)

写真© michalchm89-Fotolia

元国税局職員であるさんきゅう倉田さんが、確定申告の基礎についてイチから解説したコラム。確定申告書の作成方法から申告のおおまかな流れ、必要経費に算入できるものの種類まで詳細に解説します。

サラリーマン大家が確定申告をする際の注意事項についても解説。事業的規模にあたるかどうかのカギになる 「5棟10室」基準についてもおさらいしておきましょう。サラリーマン大家さんは必見です。


2.確定申告の「取得価格」、ありがちな誤解に注意 (楽待編集部)

写真© 不動産投資の楽待

大家さん専門の税理士として活躍している渡邊浩滋さんが、初めての確定申告をサポートするコラム。領収書の分類方法から決算書の作成方法まで手取り足取り教えていただきました。

会話形式の記事に加え、動画でも分かりやすく解説。「確定申告、そもそも何からすべきか分からない」と悩んでいる大家さんは必見です!


3.今後の確定申告に「e-Tax」が必須のワケ (楽待編集部)

写真© 不動産投資の楽待

大家さん専門税理士として活躍中の渡邊さんが、新米大家さんに確定申告のイロハをレクチャーするコラム。上記のコラムの後編となるこの回では確定申告書の書き方について基本を学びます。

また動画では、平成32年以降55万円に引き下げられる「青色申告特別控除」を、現行と同じ65万円受けられる電子申告についても紹介しています。


4.領収書がなくても経費にできる? 確定申告でよくある質問をQ&A形式で回答 (渡邊浩滋)

写真© dzono-Fotolia

税理士・司法書士・大家の三足のわらじを履く渡邊さん。日々、大家さんから数多くの質問を受けているという渡邊さんがQ&A方式で質問に回答します。

「領収書を無くした場合も経費にできるか」「購入時の諸経費は経費になるか」といった、確定申告に慣れている方でも迷いそうな内容について解説しています。


5.不動産投資で消費税還付、もう無理なのか? (叶温)

写真© iStock.com/joel-t

消費税還付と言えば、以前は「自販機スキーム」と呼ばれる手法も存在していました。しかし、その後の税制改正でこのスキームは封じられることに。果たして現在でも消費税還付を受ける方法はあるのでしょうか。自身も不動産投資を実践する税理士の叶温さんが、例題を用いて図解します。

過去には架空売上で消費税還付を受け、逮捕された事例も。消費税還付の仕組みから、絶対にやってはいけないことまで、幅広く取り上げています。

2019年からはスマートフォンでも手続きができるようになるなど、確定申告のハードルは以前よりも下がっています。とはいえ、初心者大家にとっては未知の世界。早め早めの準備を心がけて、抜け漏れのない申告を行いたいものですね。

(楽待新聞編集部)

 楽待に関する最新情報は、楽待公式LINE@でお知らせ中! お友だち登録はこちら