PHOTO: iStock.com/CarlaNichiata

皆さん、「実践大家コラム」は読んでいますか?

実践大家コラムは、「実践大家」の名の通り、現役の大家さんが執筆しているコラムです。コラムニストの数はなんと100名以上! これから収益物件を購入するビギナー大家さんもいれば、年間家賃収入が1億円を超える大家さんまで、投資歴も規模もさまざまです。

そんな十人十色のコラムニストさん達が、日々の不動産賃貸業で得たノウハウやトラブル対処法などを自由に発信しています。

本記事では、今年1月に公開された実践大家コラムの中で「読者評価が高かったコラムニスト」のランキングを発表、後半では編集部オススメのコラムもご紹介します。

1月のランキングは…

1位 地主の婿養子大家 さん

編集部おすすめの1本!
【大幅賃料アップ成功!「携帯アンテナ基地局」における新たな商戦】

「携帯アンテナ基地局が入る立地だから」という理由で購入した物件はありますか? 携帯アンテナ基地局として契約すると、利回りが1%向上するほどのインパクトがあることも。次世代通信規格の5G商戦が本格化する前に、アンテナが設置できそうな物件の探し方と、注意点を知りましょう。

第1位は、1月6日に300コラム投稿を達成した「地主の婿養子大家」さん! その名の通り、結婚を機に地主の家に婿入りして大家になったコラムニストさんです。

「賃料アップにつながった情報」「市況の変化による価格の変化」など、第一線で活動されている地主の婿養子大家さんのコラムには新しい学びが満載です。

2位 ストレージ大家ひら さん

編集部おすすめの1本!
【客付に困っていた物件が取得7年で良物件に生まれ変わったワケ】

半年間空室だったこともある地方RCマンションが、退去後に即入居が決まる優良物件に生まれ変わった!? 管理会社に「大変優秀な箱です」とまで言わせた変身っぷり。入居率改善につながった理由をじっくり分析します!

第2位は、2014年11月からコラムを執筆している「ストレージ大家ひら」さん。コラム投稿数は、全コラムニスト中最多の1261本(2019年2月7日時点)。

手広い投資法だけでなく、思考の多様性もひらさんの魅力です。「PayPay」のキャンペーンから投資家心理を探るといった独自の切り口のコラムも。

3位 埼玉サラリーマン大家 さん

編集部おすすめの1本!
【キャッシュフローも返済比率も重要だと思っていません】

重要な指標とされる「キャッシュフロー」「返済比率」を否定するタイトルが衝撃的なコラム。一般的に「返済比率は50%以下にすると安全」と言われる中、「返済比率70%」の物件でも購入してきた埼玉サラリーマン大家さんが重要視しているのは?

第3位は、「埼玉サラリーマン大家」さん。これまで1200本以上ものコラムを執筆しており、投稿本数は「ストレージ大家ひら」さんに次ぐ第2位。

「繰り上げ返済」を駆使し、現在7棟を無借金経営中。年間家賃収入は約2000万円の規模に達しています。毎月報告される収支結果は必読です!

4位 パテント大家ATSUSHI さん

編集部おすすめの1本!
【やっぱり大変な二項道路~二項道路には注意しましょう!~】

先日、新築アパートの見学会に行った時の話。パンフレットの写真では、外観はオシャレで、駐車場もしっかり確保されていたのですが…。いざ内見に行ってみると、前面道路が「二項道路」で大変な目に…。「二項道路」の危険性と、内見の重要性を再認識できるコラムです。

第4位は「パテント大家ATSUSHI」さん。家族構成の変化や所有者不明の土地問題等、話題の時事ネタを取り上げつつ、ご自身の考えを発信しています。

「こんな統計があったんだ」と気付かされること多数。10年先のことも考えなければならない不動産投資において、統計から未来を予測する大切さに気付かれます。

5位 ishi さん

編集部おすすめの1本!
【買付け7本からの購入事例・物元業者の見立てと理解。】

昨年12月に購入したある物件の話。7番手まで買付けが入っていたのに、他を差し置いて自身の買付が選ばれることに。コラムではその理由を自ら深く考察。導き出された結論は…。「仲介業者の社長になったつもりで、同化して行動するだけで安い物件は落ちてきます」。不動産会社の内情や心情が学べるコラムです。

第5位は、大家であり、不動産会社、建設会社、損保代理店の経営者でもある「ishi」さん。

不動産会社の実情や営業マンの心理などを鋭く淡々と考察します。「あの独特の文体がクセになる!」という人も。コラムだけでなく、コメントでの鋭い指摘にも注目です。