2002年に不動産投資を開始し、2014年に永住権を得て渡米。現在は日米で3棟と戸建て6つ(自宅含む)を所有する石原博光さん。本日から、そんな石原さんの新連載がスタートします。

テーマは、「日本の不動産投資にも役立つ、米国の不動産投資事情」。第1回目の今回は、石原さんが米国に所有する投資物件を、たくさんの写真とともに大公開します!

日米でCF2000万円、戸建てはすべて現金投資

こんにちは、石原博光です。

今回から、日本の不動産投資家の皆様にも参考にしていただける、米国の不動産投資手法や市況についてコラムを書かせてもらうことになりました。どうぞよろしくお願いします。

初回ですから、現在の僕の状況を少しお話します。

僕は現在、日本と米国、合わせて3棟と戸建て6つを所有しています。年間家賃収入は約3800万円。キャッシュフローでいうと2000万円くらいとなります。米国の自宅は住宅ローンを利用していますが、それ以外の戸建てはすべてキャッシュで購入しています。

2017年に、米国の不動産仲介の資格である「リアルター(REALTOR)」に合格し、現在は米国内で実需向けと投資物件の物件仲介を行っています。やはりプロとして直接動けることで、情報へのアクセスは断トツで早くなりました。さらに思い通りの交渉ができることにも、大きなメリットを感じています。

今回は、僕がカリフォルニア州のベーカーズフィールドに所有する物件から、「米国の不動産投資は実際どんな感じなのか」をご紹介したいと思います。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む