この連載ではこれまで4回にわたり、投資家の生の声を基に昨今の不動産融資動向や好条件で融資を引くためのポイントなどについて紹介してきた。

今回は、楽待コラムニストの中で現・元銀行員の不動産投資家6人を直撃。スルガ銀行問題の影響は? 2019年の融資はどうなる? 今の時代に融資を受けるために必要なことは? 銀行員と投資家の視点を併せ持つ彼らはどのように考えているのか、それぞれの意見を2回にわたって紹介していく。(※個別にヒアリングした内容を基に座談会形式で構成しています)

【取材協力】

仮面銀行マンKさん
某銀行で支店長を経験した後、本店審査部門の中核を担い、約30年の行員生活を経て2016年末に退職。現在は不動産投資の傍ら、銀行融資などに関する塾も展開している。

新米大家さん
九州地方の地銀に23年間勤務し、不動産関連融資も長く担当。3年前の転職と同時に不動産賃貸業を始め、区分マンションからテナント物件、太陽光など、さまざまなタイプの投資に取り組んでいる。

投資家SAさん
メガバンクでの融資担当業務歴20年。銀行員の傍ら2011年から不動産投資を開始し、2017年10月にリタイアを達成した。地方中古一棟マンションを中心に、最近は新築にも取り組んでいる。

サラリーマン大家のTAKAさん
かつてメガバンクで法人営業などを担当、現在は金融系企業に勤務し、全国の融資動向に詳しい。一棟アパート3棟と区分2室を所有し、株式や投資信託、FX、仮想通貨など投資経験も豊富。

FP大家さん
地銀に長年勤めている現役銀行員で、現在は支店審査部門の管理職を務める。自身も戸建て2戸と区分1室を所有し、FP技能士1級としてコンサルティング活動の幅も広げている。

アンダーズさん
かつて東海地方の地銀に7年勤務し、現在は大手不動産管理会社に勤務。一棟アパート2棟を所有し、金融・不動産業界の経験を生かした手堅い不動産投資を実践している。

「スルガショック」で何が変わったか

――昨年4月以降、スルガ銀行に対する金融庁の立ち入り検査を契機に融資が厳しくなったと言われていますが、各金融機関の審査基準は変化したのでしょうか。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む