相続された物件と言えば、「売主が物件に愛着がない」「物件の価値を知らないから交渉しやすい」等の理由から、安く購入できる可能性が高いといわれている。物件購入が成功の鍵となる不動産投資においては、相続物件は狙い目だ。

今回は、相続物件を購入した投資家の実例を紹介。相場よりも安く物件を購入した人がいる一方、トラブルに巻き込まれて危うく金銭を失いかけた人も。高齢化社会による「大相続時代」を迎える前に、相続物件について考えていきたい。

対象者が広がった「相続税」が鍵を握る

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む