「数字だけを見るのではなく、自分も楽しみながら大家業をしています」

そう語る会田良治さん(仮名)は、大阪市内に2棟の物件を所有する59歳の大家さん。大学卒業後は数年間フリーターをしていたが、約30年前、叔父がやっていた不動産賃貸業を本格的に手伝い始めた。18年前に、子供のいない叔父から物件を2棟とも相続して大家業を続けている。

新しいものが大好きで、家賃回収にスマホ決済ができる「PayPay」を導入するなどチャレンジ精神に満ち溢れた会田さんの大家業がいったいどのようなものなのか、取材した。

大阪市内にマンション2棟を所有

1棟目は市内中心部、現在はインバウンド需要も高い心斎橋にある物件で、1979年(昭和54年)に「等価交換」という形で建設したものだ。

「等価交換」とは、土地所有者が土地を提供(出資)し、開発事業者(デベロッパー)が建設費を負担してその土地に建物を建設。完成後、土地所有者とデベロッパーがその出資比率に応じて建物を所有することを指す。

立地の良い土地を持つオーナーにデベロッパーが声をかけるケースが多く、土地所有者は費用をかけずに建物(の一部)を手に入れられ、デベロッパーは良い立地(の一部)の地権者になることができる。建築した建物が分譲マンションだった場合には、持ち分の区分を売却して利益を得ることもできる。

会田さんの建物は地下1階のある10階建てで、全部で53室。地下1階から地上4階までを会田さんの叔父が所有(当時)し、5階から10階をデベロッパーが分譲マンションとして販売した。会田さんが相続した現在も、会田さんの持ち分は建物全体の半分程度となっている。

大家業を行う会田さん。さまざまなデバイスを使いこなし、仕事に生かしている

2棟目は、オフィス街に近く、おしゃれで落ち着いた雰囲気で人気の高い北堀江地区の物件。6階建てのマンションで、1階にテナントが入り、住居は16室ある。

これら2棟の物件で、通常の賃貸として貸し出すだけでなく、空室を無くし、安定した賃料収入を得るためにさまざまな運営を行ってきたという会田さん。例えばウィークリーマンションとして貸し出してみたり、民泊に挑戦してみたりとチャレンジを続けている。現在は、通常の賃貸のほかに、数室をレンタルルームにして運営をしているという。

「新しいことにチャレンジするのが好き」

会田さんは、今までなかった新しいモノが発売されたり、サービスが始まったりすると、他人に先駆けて取り入れる性格。マーケティングの世界で言う、いわゆる「アーリーアダプター(初期採用者)」だ。

賃貸経営においてもその性格は生かされている。大型還元キャンペーンで有名になったスマートフォンでの決済サービス「PayPay」もすでに導入しており、入居者からの家賃やレンタルルームの使用料をPayPayでも払えるようにした。

PayPayで家賃を支払うとクーポンやキャッシュバックを受け取ることができるほか、スマホ1つで払えて利便性が高いことや、振込手数料が必要ないことから、入居者にも大変好評だという。 

PayPayからの入金を通知するメール

「PayPayを導入しようと思ったきっかけは、自分が使ってみて便利だったからと、今後も利用が増えていくと思ったからです。カフェバーを経営する友人が導入していたので、友人に頼んで、昨年10月ごろに代理店を紹介してもらいました」

ところが、代理店には「家賃やレンタルルームの使用料を払うための利用」という想定がなかったらしい。すんなり導入、とはいかなかったそうだ。

初めてのケースで代理店の担当者が困惑しながらも、上司に掛け合ってくれたという。すると「前例はないが加盟店を増やすため」と対応してくれ、約2週間かかって審査が通った。実際に使えるようになったのは、PayPay第2弾の大型還元キャンペーン直前だったそうだ。

「導入した後で、誰が家賃を払ってくれたのかを、銀行に振り込まれた番号から類推しなくてはならず、手間がかかると気づきました(笑)」と会田さん。とはいえ、入居者から好評なことと、利便性が高いために滞納されにくいことが、大家にとって利点だという。

「レンタルルームの使用料も、当日に現金でもらう場合にはお釣りの用意が必要です。PayPayだとその準備は必要ありませんから、とても便利です。PayPayから銀行への入金もすぐなので、現金でもらうのとほとんど変わらないんです」

気になるPayPayへの手数料については「PayPayに支払う手数料は、今年の秋ぐらいまでは必要ありません」とのこと。

「秋からは手数料が発生するようですが、パーセンテージなどの詳細についてはまだ連絡がないのです。手数料の詳細がわかったら、その分を上乗せして顧客に請求するか、こちらで持つか、PayPayを辞めるか、対応を決めようと思っています」(会田さん)

クラウドに写真保存で情報共有を効率化

また、会田さんはクラウド上で写真を管理できるサービス「Googleフォト」のヘビーユーザーでもある。所有する物件の部屋ごとの写真や図面をクラウド上に保存しているので、そのリンクを送っておけば、不動産仲介会社がいつでも物件の写真を確認できるのだ。

以前は、仲介会社に入居付けをお願いする際に、写真を何枚もメールに添付したり、リフォーム後には新しい写真を送り直したりしなければならなかった。また、忙しい不動産会社のスタッフは何度も同じ問い合わせをしてくることがあり、その返答にも手間がかかってしまっていた。

クラウド上に写真や図面を保存するようになってからはその煩雑さがなくなり、会田さんは新しい写真をGoogleフォトに都度アップするだけ。仲介会社のスタッフも、自分の見たい時に、会田さんに連絡せずにそのリンクをクリックするだけ。それだけの手間で過去から現在までの写真や図面を見ることができると好評だ。

会田さん自身も、入居者から退去予告が来たらその部屋の過去から現在の写真を見て、今回はどこをどれだけリフォームしようと瞬時に判断できることが便利だと話す。

レンタルルームも運営、上客は「コスプレイヤー」

時間貸しのレンタルルームとして数部屋の運営もしている会田さん。仲間同士でカジュアルなパーティーをするお客さんの利用が多い。10人ほどで部屋を借り、自分達でたこ焼きやお好み焼き、餃子などを焼きながら楽しんでいるようだ。

たこ焼きパーティーの様子

そのため、会田さんは備品として、タコ焼きも焼けるホットプレートを数台所有し、貸し出している。結婚式のパーティーや、仲の良い人達で集まるミニ同窓会などの利用もあるが、「とても静かできれいに使ってくれる」上客はコスプレイヤーたちだそうだ。

レンタルルームの清掃は、会田さん自身や、受付業務を依頼しているアルバイトが行っている。

「利用者さんが上手に使ってくれるので、そんなに部屋は汚れないです。パーティーの利用後は換気を十分にして、消臭剤を使っています。飲食店のように、毎日タコ焼きばかりじゃんじゃん焼いているわけではないですから、臭いはすぐに消えますよ」

利用者の要望に沿ってファンを増やす

「民泊を運営していた時に、PR文章のほかに部屋の写真で集客するという形を学びました。今のレンタルルームはそれを応用しています」という会田さん。

部屋の写真は、基本的にはカメラの腕がセミプロ級の友人に撮ってもらっている。1眼レフカメラに広角レンズを取り付け、部屋をより広く、使い勝手がわかりやすいように撮るのがコツ。360度を撮ることのできるカメラが発売された際にはいち早く購入し、それで部屋を撮影して紹介ページにアップしたこともある。

レンタルルームの様子

一度利用してくれた人は、リピーターとして何度も利用してくれるようになる。その上、「彼らの口コミでどんどん利用者が増えていくので、とてもありがたいですね」と会田さん。レンタルルームのリピーターは部屋の利用方法も熟知しており、一度利用しているという信用もあるため、貸出の直前に鍵を開けておけば説明も不必要。使用後の掃除もきちんとして帰ってくれるのでほとんど手間がかからないそうだ。

しかも、リピーターは大手のプラットフォームではなく、会田さんに直接予約をしてくれるため、仲介手数料も支払う必要がない。

このようなリピーターを作るために、会田さんは、親切かつ丁寧で、利用者が使いやすいように素早い対応を心掛けてきた。例えば、当日の急なレンタル使用にも柔軟に応対するなど、難しいことや多額の費用がかかることでない限り、なるべく利用者の意向に沿うように対応している。

利用者は、自分のリクエストを実現しようとしてくれた会田さんの運営のファンになることも多い。これは、会田さん自身のサービス精神あふれる優しい性格と、自主運営で直に利用者さんと顔を合わせているからこその強みだろう。