「私からしたら、『今はいい物件がない』なんて言っている投資家はウソつきです」

楽待コラムニストの地道ingさんから、そんな言葉が届きました。

「楽待アプリ」経由で物件に問い合わせて購入した人に、もれなく3万円をプレゼントする「アプリリリースキャンペーン」(詳細はこちら)。前回から地道ingさんを含めた参加者が楽待アプリを使って物件探しを行い、キャンペーン期間中の購入を目指す企画がスタートしました。

「ヒマさえあればアプリで物件を探している」という地道ingさん。GW前から100件以上問い合わせ、狙いを定めた5物件を買いに動きましたが、結果はなんと「5連敗」…。その理由とは?

なぜ買えない?

地道ingさん(45)神奈川県
職 業 :会社員
投資歴 :2年
所有物件:一棟アパート×1、区分マンション×7
総投資額:2353万円
家賃年収:255万1200円
ひとこと:著書がAmazonラノベ部門1位になったことあり

「所有物件の全てを楽待で購入している男」地道ingです。そのプライドをかけて、楽待アプリでの物件ゲット一番乗りを目指しているわけですが…。今回は5連敗の軌跡をお届けします。

物件I

所在

東京都武蔵村山市

種別 

区分マンション

価格

200万円

利回

17%

築年

27年

備考

サブリース契約の継続が条件

GW前にアプリで検索していたら、「武蔵野台」「200万円」という文字が目に飛び込んできました。写真では外観もパリッとしているし、EV付きの最上階。しかもシリーズもの。「吉祥寺のあたりで200万円なんで即買いだ!」と問い合わせたら、「武蔵野市ではなく武蔵村山市です」と衝撃の一言…。

いやいや、それでも都内で200万。ただ、駅徒歩28分というのが気になる。何か決め手はないか、と考えていると、不動産会社から「中間省略にして仲介手数料無料にしますし、瑕疵担保保険もつけます。さらに190万円に値下げします」とのこと。それだと手残りで2万4000円ぐらいになるし、サブリースが5年で解除されても10年でペイできる計算です。

でも、なんでこんなに売り急いでいるんだ? 条件が良すぎないか? ハメられるんじゃないか?と疑問が…。ストリートビューで見ると、周辺に巨大な空き地がある。何だ…? と、頭がハテナマークだらけになっている間に、190万円で楽待サイトにも公開されてしまい、即日「売れちゃいました」と連絡がきました。

あとからその空き地を調べてみると、なんとイオンモールがありました。市場調査もバッチリして出店しているだろうし、集客力も抜群。駅から離れていると普通の投資家は検討から外すので、逆に狙い目でした。即買いを入れておけば…。

物件J

所在

神奈川県座間市

種別 

区分マンション

価格

200万円

利回

17%

築年

32年

備考

小田急相模原駅徒歩13分

でも、まだ大丈夫。この物件Jは2年間狙っていたんです。駅徒歩20分ほどで16平米もないんですが、安心のシリーズもの。何よりも「小田急相模原」は工業団地などもたくさんあるし、ここで勝負したいという気持ちが強かったんです。

価格はこの2年間で30万円下がって200万円になっていました。「そろそろ動くか…」と価格交渉して、180万…170万…と話が進み、ヨシヨシ、と思っていたら、「すいません、210万円で買い付けが入ったので売れません」という連絡が。こっちは何とか下げようと頑張ってるのに、10万円上乗せされたら勝てるわけない…。

物件K

所在

東京都杉並区

種別 

一棟アパート

価格

2980万円

利回

6%

築年

新築

備考

旗竿地

もう頭にきて、「都内新築いっちゃおう!」と決心しました。せっかく企画に抜擢されたんだから、「これぞ不動産投資の醍醐味」というのをお届けしたい!

たまたま久我山に新築案件が出ていたんですが、旗竿地でした。でも旗竿地で余分な土地があるということは、むしろ自転車が置けるスペースがあるということで好材料でもあるんです。不動産会社に問い合わせていろいろ聞いてみましたが、良さそうな印象。「2年前に不動産投資を始めて、ようやく都内新築買えました!」ならサクセスストーリーとしても面白いなぁ…と妄想していました。

融資は2200万円まで内諾が取れて、手持ちが200万円なので、いよいよ買えるな、と。不動産会社に「旗竿地なんて誰も買わないですよ。2400万円で売ってください」と交渉していたら、「すいません、満額キャッシュで買い付け入りました。決まりです」という一言で撃沈…。

物件L

所在

千葉県千葉市

種別 

一棟商業ビル

価格

950万円

利回

13%

築年

39年

備考

1階店舗は美容室・2階空き

そういえば、某コラムニストさんが「千葉がいい」と言っていたな…。東京・神奈川にプラスして、これまで見ていなかった千葉をチェックしてみました。

950万円の一棟ビルが売りに出ていて、800万円でどうですか、という話。駅徒歩5分だし、モノレールが走っていて都内まで1時間、意外とアクセス良さそう。物件の前には駐車場があって、裏には24時間営業のスーパー。いいんじゃないか?

満室なら月10万円、800万円で買えば7、8年で回収できる。周辺を調べたら、新築の戸建てが2400万円とかで売りに出ている。800万で買って潰して1000万円ぐらいの上物をつけたら2400万円で売れるの? これは買いだ! と思って5月26日に内見予約していました。

持っている区分を全部売って、キャッシュで買おうということまで決めていたんです。すると、不動産会社からメールが。「すいません、950万円満額で買い付け入っちゃいました。26日までに決まりそうなので、見学は対応できません」。…また負けたぁ!

物件M

所在

千葉県千葉市

種別 

一棟鉄骨マンション

価格

1100万円

利回

10%

築年

29年

備考

小倉台駅徒歩1分

気持ちを切り替えて、インスタ映えを狙っていくことにしました。この小倉台の物件は駅徒歩1分、真上にモノレールがバーンと走ってまして、物件とモノレールの駅を写真に収められるんです。画角的にバッチリ。こんな物件持ってる人いないでしょ。「これがサクセスストーリーってやつだよ、『地道ing物語』これで完結ッ!」と思っていました。

これまで千葉は検索で外していたから知らなかったんですが、この物件はけっこう長く掲載されていたようで、途中で1200万から1100万に下がっていた。売主さん大変なんだろうな、売れないんだろうな、と思い、「どうせならあと100万下げてよ、1000万なら明日払ってあげるからさぁ」と交渉。すると、「すいません、さっき買い付け入りました」。…そんなタイミングってアリですか!?

3週間で5連敗…。「いい物件がない」「今は物件が動いていない」とか言っている投資家は絶対ウソつきです。いい物件がないんじゃなくて、いい物件はすぐになくなっちゃうだけ。まあ、最後の物件は別ですけどね。とにかく今後も毎日アプリをチェックして、サクセスストーリーをお届けできるようがんばります。