前回のあらすじ~

大家さんデビューを目指す楽男くん。中古木造物件の購入に向けて「建物の仕組み」を学ぶべく、住宅メーカーに勤める先輩・待子を呼び出した。居酒屋で始まった「授業」で、まず地盤や構造についてみっちり学んだ楽男くん。小腹を満たす小休止をはさみ、後半の授業は次のテーマ「建物の性能」へと移っていく。

<登場人物紹介>

楽男くん…29歳の会社員。将来への備えとして不動産投資を始めたいと思っているが、細かいことが気になる性格のため不動産に投資をするなら建物の仕組みから学ばないと気が済まない。そこで、大学時代の先輩であり、大手住宅メーカーに勤める待子先輩に教えを乞うことに。


待子さん…楽男くんの2つ歳上の先輩。大学時代は建築学部に在籍し、卒業後は大手住宅メーカーに勤務。祖父がアパート経営をしており、不動産投資への理解もある。楽男とはサークルの先輩後輩という関係。性別も違い学年も離れているが、素直で物怖じしない性格の楽男のことをかわいがっていた。

 Lesson5 骨組みと屋根・壁ができるまで

「よっしゃ、腹ごしらえも終わったし、先輩! そろそろ次の授業お願いしますよ! さあ!」

 

「じゃあ、建物がつくられる順番の話に戻りましょうか。ここからは建物の性能とか耐久性に関わる話がメインになると思うよ。で、工程としてはちょうど建物の基礎が完成したところだったわね」

 

「はい、基礎が完成したら次は何をするんです?」

 

「ここからはいよいよ建物の骨組みを組み立てていくのよ。最初にやるのは『土台』の設置ね。土台っていうのは柱みたいな角材で、基礎と柱の間に入る横材のこと。土台はこのあと柱や壁をつくるためのベースになるのよ。はい、これが写真。主要な部材の名前も書いておいたわ」

基礎の工事を終えて土台を組んだところ。「大引き(おおびき)」は床を支えるためのもので、「鋼製束」は高さの調整が可能で、大引きを支える役割を持つ。築古の物件では木製の束が使われていることもある(PHOTO:極楽蜻蛉/PIXTA)

「ええっ! 今まで基礎と土台って同じだと思ってましたが、違うんですね!

 

「それ、よくある誤解だね。土台には柱を立てる下地としての役割に加えて、建物上部にかかった荷重を基礎に伝える役目があるよ。建物に掛かった荷重はぐるりと敷かれた土台を経由して、基礎、そして地盤へと伝わっていくんだよ」

 

「…ということは、基礎と土台はかなりガッチリ固定されていないといけませんね? 力がかかってズレたりしたら大変だもの」

 

「その通り。その役割を担っているのが『アンカーボルト』なんだ。土台には小さな穴が空けられていて、その穴にアンカーボルトを通してボルトでぎゅっと締めるの。こうして基礎と土台をしっかり固定するってわけ」

 

「そのためにアンカーボルトは基礎に埋め込まれてるんですね。…あれ、でもこの写真の左のところ、がっつりはみ出したアンカーボルトもありますよね。きっと長さを間違えたんだ! 今度こそ手抜き工事ですね!」

設置された土台とアンカーボルト。角部の「ほぞ穴」の部分に柱が建てられる(PHOTO:極楽蜻蛉/PIXTA)

「…いや、これは特殊なアンカーボルトで、柱が引っこ抜けるのを防ぐために必要なの。地震や風で建物に水平の力がかかると、柱に引き抜くような力がかかるでしょ? そういうときに、柱が土台から抜けてしまわないようにするためのものなんだ。ちょっと図に書いてみようか」

背の高いアンカーボルトは、「ホールダウン金物」を設置するためのもの。地震によって水平荷重がかかると、柱に引き抜こうとする力がかかる。これに抵抗するために必要となる

柱に取り付けられた「ホールダウン金物」(PHOTO:極楽蜻蛉/PIXTA)

「おお~!『ホールダウン金物』っていうやつを取り付けるために必要なんだ。だからここだけ長いアンカーボルトが必要だったんですね。手抜き工事じゃなかったんだ…」

 

「手抜き工事があるとしたら、アンカーボルトの本数が足りないとか、そういうケースでしょうね。建築の現場ではたまにそういう話があるみたい。ちなみにホールダウン金物はすべての柱に必要なわけではなく、四隅の柱とか、引き抜く力が大きく働く一部の柱にだけ取り付けられるんだ」

 

「そうでしたか…疑ってスイマセンでした。ところでもう1つ、土台と基礎の間にある『基礎パッキン』っていうやつ、これも地味に気になりますね」

 

「この『基礎パッキン』は、基礎と土台の間に隙間を空けるためのものなんだ。この方法で作られた土台は『ネコ土台』とも呼ばれるわ。なんでネコなのかは知らないけどね…。とにかくまあ、隙間があれば床下に空気が通って換気ができるし、土台が水で腐りにくくなるでしょ」

基礎パッキンは部分的に敷くタイプのものと、写真のように通気用の穴があいた全周に敷くタイプのものがある(PHOTO:千葉のカエル/PIXTA)

「ほー、床下に湿気がたまると、木が腐ったりシロアリが発生したりするって言いますもんね。だから空気を通さないといけないわけだ。…あれ、でも床下の換気って、基礎の側面に通気口を付けるのが普通なんじゃないんですか? ほら、僕の実家もこんな感じですよ」

基礎の側面に設けられた通気口(PHOTO:U-taka/PIXTA)

「こういうふうに基礎に通気口をつくるってことは、基礎の一部を欠くことになるわよね。構造上重要な基礎の一部を欠くと、基礎の強さに影響が出ることがあるの。だから最近では基礎を欠くのではなく、パッキンで隙間をつくって換気する工法が増えているんだ」

 

「まあ、確かに削らないで済むならその方がいいっすね」

 

「そういうこと! さて、工事の工程に話を戻すよ。土台が設置できたらそこに柱や梁を次々に組み立てていくの。例えば柱には『ほぞ』っていう出っ張りが加工されていて、土台の『ほぞ穴』に差し込んで組み立てるよ」

現場に運び込まれた柱。出っ張りの部分「ほぞ」を、土台の「ほぞ穴」に差し込んで組み立て、その後金物で固定する(PHOTO:YNS/PIXTA)

「へえ~。穴にすっぽりハマるようにあらかじめ木材が加工されてるんですね。なんかプラモデルみたいっすね」

 

「それはなかなか鋭い指摘かもね。実は住宅用の木材は『プレカット』と言って、工場でカットされて運ばれてくるの。ほとんどの木材には、さっきの『ほぞ』のように溝や穴が加工されているし、それぞれの木材には『番付』っていう記号が書かれているから、その記号を基にババ~ッと一気に組み立てていくんだよ」

建てた柱に梁をはめ込んでいるところ。梁は鉛直荷重に耐えられるよう、柱に比べて縦長の形状になっている

高所の梁などはクレーンを使って吊る。取り付ける位置を数人がかりで微調整しながら、「掛矢(かけや)」と呼ばれるハンマーを使って組み立てていく(PHOTO:極楽蜻蛉/PIXTA)

「うんうん、これだと効率がいいし、『あっちに建てるはずの柱をこっちに建てちゃった!』みたいなミスも減りそうでいいですね!」

 

「骨組みを組み立てる工程は『建て方(たてかた)』っていうんだけど、小規模な建物なら1日~2日で終わっちゃうんだ。これもプレカットのおかげだね。そういう感じで、柱とか梁とか床が次々と組み立てられていくってわけ」

 

「おっ、これが『建て方』が終わった後の写真っすね!」

イチバン高いところにある木材が「棟木(むなぎ)」。一般的な三角形の「切妻屋根(きりつまやね)」の頂部にあたる部分(PHOTO:Photonn/PIXTA)

「最後に頂上にある『棟木(むなぎ)』を取り付けたら建て方は終わり! このことから、建て方が終わることを『上棟(じょうとう)』っていうんだよ。最近は見る機会が減ったけど、上棟を祝って関係者とか近所の人にお餅を振る舞う『上棟式』っていうイベントもあるんだよ」

 

「確かに骨組みが完成したのだからめでたいですもんね。…でも、まだ木材ばっかりでホネホネの状態ですよ。壁とか屋根はいつできるんですか?」

 

「建て方が終わったら、屋根や外壁の工事に移っていくよ。まず屋根には、『垂木(たるき)』っていう下地の骨組みの上に『野地板(のじいた)』という板を打ち付けていって、そこに防水材、あとは断熱材や気密シートを張っていくの。最後に瓦やスレートなどの屋根材を葺いていくんだ」 

斜めに掛かっている細い材が、屋根の下地となる「垂木」。この上に「野地板」を張り付けていき、屋根を仕上げていく(PHOTO:Photonn/PIXTA)

垂木の上に野地板を張っているところ。この板は厚みのある「構造用合板」と呼ばれる板(PHOTO:nowha/PIXTA)

野地板の上に張られている濃い緑色のシートは「アスファルトルーフィング」。屋根の防水性能上重要な役割を果たす(PHOTO:千葉のカエル/PIXTA)

「だんだん屋根っぽくなって、ちょっと安心感が出てきました! ところで3つ目の写真で職人さんが屋根に敷いてる緑色のシート、これが防水で大事なヤツなんですかね?」

 

「これは『アスファルトルーフィング』っていう、屋根とか屋上用の防水シートだよ。紙にアスファルトを染みこませたものなんだ。屋根の防水の要だね。ところで楽男くん、そのアスファルトルーフィングの施工風景を見て何か感じたことはない?」 

 

「え? 高いところの作業って大変そうですよね。あとは…屋根の尖ったところはちょっと張りにくそうです」

 

「それそれ! 屋根だけに限らないけど、隅部とかの凹凸のある個所は施工がちょっと面倒なんだ。つまり形が複雑になるほど防水の工事も複雑になっていくの。継ぎ目が増えることになるから、防水上の弱点も増えていくわね」 

 

「ふうん。じゃあとにかくシンプルな形が一番ってことですね」

 

「そうね! さてさて、屋根の次は外壁の工事屋根と似たような流れで、下地の合板、サッシ、防水シート、サイディングなどの外装材…という順番で工事が進んでいくわ。これは外壁の下地として合板を張っているところね」 

建て方が終わった後、外壁に合板を張り付けている(PHOTO:極楽蜻蛉/PIXTA)

「さらに建物っぽくなってきましたね!」

 

「合板を張り終わったらサッシを取り付けるよ。サッシ部分は言わば外壁に空いた『穴』だから、どうしても防水上の弱点になりやすいの。だから枠の周辺をテープなどで特に念入りに処理するんだ。そのあとに『通気胴縁(つうきどうぶち)』を取り付けて…」 

合板を張り、サッシと防水シート(透湿防水シート)、通気胴縁を取り付けたあとの外壁。この上からサイディングなどの外装材を張って仕上がりとなる。最近は通気胴縁が不要な「通気金具」も普及している

「ちょ、ちょっと待ってください。話がややこしくて置いて行かれそうです! っていうかその『通気胴縁』って何なんですか?」

 

「ああ、ごめんごめん。通気胴縁は外壁材と下地の間に隙間をつくるための部材なの。実は木造建物の外壁って、外壁材と下地の間にわざと空間がつくられているのよ」

 

「…壁に、空間が…。あのーすいません、ちょっと絵に描いてもらえませんかね。もう何がなんだか…」

 

「これでどう? 通気胴縁で『通気層』、つまり隙間をつくり、下から空気を入れて上から出すっていうイメージかな空気を通すことで湿気や結露を防ぐことができるんだよ」

外壁通気工法の仕組み。軒天井から排気する方法(左)のほか、屋根の頂部から排気する方法(右)などがある(『金属サイディングと通気構法』日本金属サイディング工業会・技術委員会より)

「…外壁材を張る前にわざと部材を入れて隙間をつくり、そこに空気を通して湿気を防ぐ、ってことか。なんとなく理解できました。さっきの『基礎パッキン』と似たような役割ですね! でも、僕の実家もこういうふうになってるのかなあ…」

サイディングと防水シートの間にあるのが通気層。通気胴縁を使わずに金具で通気層をつくる工法もある(PHOTO:mits/PIXTA)

「この方法は『外壁通気工法(外壁通気工法)』っていうんだ。最近の木造なら戸建でもアパートでもほぼ採用されてるけど、普及したのは割と最近らしいよ。築年数の古い物件では採用されていないかもね。ほら、基礎と外壁の境目の部分にこんな隙間があれば、通気工法の建物だよ」 

外壁の下にある小さな隙間が吸気口。ここから空気が入り、屋根や軒天井に抜ける。内側に雨水が入った場合でもこの通気口から水が抜ける(PHOTO:pu-/PIXTA)

「やっぱり水や湿気は木造の天敵なんですねえ。空気の通り道があちこちにつくられているんだもの」

 

「そういうことだね。…さて、ここまでで骨組みの話は終わり。次は最後のテーマ、建物内部のつくりについてちょっとだけ教えてあげる。そんなに難しくないから、まあ気楽に聞いてよ」 

 

「最後!? よかった! 実は話が難しくて、そろそろ帰りたいなって思ってたんですよ!」

 

「…うん、そっか。正直なのね…」 

Lesson5のまとめ

「土台」は、建物にかかった力を基礎に伝える役目を持っている

基礎と「土台」は「アンカーボルト」によって緊結され、建物に地震などの力がかかってもズレないようになっている

・床下に湿気が溜まらないよう、基礎と土台の間に「基礎パッキン」を使って通気用の隙間を空ける工法が現在の主流

・最近の木造建物では、外壁と下地の間に「通気胴縁」を取り付け、通気のための隙間『通気層』がつくられている