PHOTO: iStock.com/ozgurdonmaz

5月も、コラムニストとして新たに2人を迎え、大盛り上がりを見せた実践大家コラム。その中には、DIYの様子や見舞われたトラブルを、リアルな写真とともに紹介いただいているコラムもあります。

今回は、そんな「物件」や「資料」の写真を使ったコラムをピックアップしました! 修繕方法、DIYの仕上がり、資料の作り方…文字だけでは伝わりづらいことも、掲載された写真と併せて確認してみてください。

5月にデビューしたコラムニストは2人!

20代節約大家 さん

おすすめの1本!
私の物件選定基準!一都三県へのこだわり!

1棟目を購入する際には、「物件選定基準」を軸に物件を探し、時には多少の妥協もしたそうです。そんな選定基準は5つ。特に重要視するのは「立地」だと言います。具体的には…?

平成生まれの28歳、「不動産と節約が好き」という「20代節約大家」さん。買えない期間2年間を経て、2018年度、千葉県に中古アパートを1棟目として購入しました。これから増えるであろう同世代の不動産投資家にとって、勇気をもらえ、参考になるコラムニストとなりそうです。コメントでも多くの先輩投資家がエールやアドバイスを送っており、多様な学びを得ることができます。

元ポスドク理系大家 さん

おすすめの1本!
はじめての信金訪問

GW初日、信用金庫に初めて訪問した際のやり取りを記したコラム。融資姿勢が厳しい昨今ですが、今後の規模拡大を目指し、信金との取引実績はぜひとも作っておきたいところです。果たして…。

これまでたくさんのコメントを投稿してくださっていた「元ポスドク理系大家」さんがコラムニストデビューです。投資歴は2年ながら、区分2室、戸建て2戸、アパート2棟と着実に規模拡大を果たしています。ただ、ご本人いわく「やらかし」た経験も!? 今後のコラムでご紹介いただけるようなので、失敗談から成功談まで、独自の切り口で書かれたコラムに注目です。

「理解の手助け」! 写真がたくさんあるコラム

いつもさまざまなDIYノウハウを紹介してくださっているosomatsu70さん。5月もたくさんの写真とともに、コラムを掲載してくれています。このコラムでは、壁や床材に空いてしまいがちな「隙間」の埋め方を伝授! わかりやすい写真も満載で、ちょっとした隙間をどのように自身で直したらよいのかが理解できます。いつもはDIYをしない方々も、挑戦してみたくなるかもしれません。

オカリロ人さんは、「神のお告げ」こと、上記のosomatsu70さんのコラムを参考にしてDIYを実施! その様子をコラムにしてくださいました。クロス貼り後、古めかしい換気口をラッカースプレーで塗装する風景や、換気口と壁紙の隙間を埋めていく工程がわかります。換気口の塗装は激安で見違えるほどきれいに…! そんな変貌ぶりも、写真があればこその説得力です。

2016年に購入した物件の入居者さんが、残念ながら退去となってしまったパテント大家ATSUSHIさん。「彼女も呼んでいたみたいだし、部屋はきれいかも」と思いながら見に行ってみると…!? 「衝撃的だった」というクリーニング前の写真、そしてハウスクリーニング後の写真が掲載されており、そのbefore/afterにはびっくりさせられます。

高利回りの物件を探していると、「汲み取り式トイレ」(そして和式トイレ)の物件と出合うことはよくあります。なかなか客付けがしにくいと言われている「汲み取り式」ですが、大津空き家バンクさんは汲み取り式のまま、平均1カ月弱で客付けができているとのこと。その手腕を写真とともに明かしてくださっています。イメージを覆す工事後の写真は必見です!

会計士大家さんは、自身が保有する3棟の物件について、稼働状況の「見える化」に挑戦! 水色はフル稼働、黄色は一部稼働…など、月別に色分けしているシートの様子を写真で紹介してくださいました。これらの取り組みは、「収益性を上げる」べく、収入を増やすための戦略を考える一環です。物件管理の方法は投資家によってさまざまですが、ほかの方の資料は参考になりますね!

毎回、かわいらしく素敵なイラストとともにコラムを書いてくださっている、タカボンのパパさん。このコラムでは、金融機関に面談へ訪れた際、持参した事業計画書の写真を豊富に掲載してくれています。「ここまで作り込んだ資料はない」と絶賛されるほどの資料、とても参考になるのではないでしょうか? 融資面談の状況も気になるところです。

今回は、物件や資料に関する「写真」が掲載されたコラムをピックアップいたしました。ここでは紹介しきれなかったのですが、写真を載せてくださっているコラムはまだまだたくさんありますので、ぜひぜひもう一度、読み直してみてくださいね。

写真があれば、物件の様子や資料の作り込み方、DIYの方法などがよりわかりやすくなるはず。コラムニストの皆さんも、今後のコラムでぜひ! 写真を一緒に掲載してみてはいかがでしょうか?

(楽待新聞編集部)