2019年5月29日、「レオパレス21」の施工不備問題に関して、外部の調査委員会が最終報告書を公表した。

調査委は、「90%を超える物件で界壁が施工されていなかったにもかかわらず、全社的に虚偽の建築確認申請を行わせ、確認済証をだまし取った」などと指摘。問題の起きた背景としては「業績を回復、拡大することを最優先としていた。建築関係法令に対する遵法意識の低さもある」などとして再発防止を求めた。

レオパレス21は同日、深山英世社長ら7人の役員の退任を発表。5月30日付で、取締役常務執行役員の宮尾文也氏が代表取締役に就任する。

発覚した問題は

ここで、これまでに明らかとなった問題点を整理しておこう。

一連の施工不備が発覚する発端となったのは、2018年5月ごろに明るみに出た「小屋裏界壁問題」である。同社が開発・販売する「ネイルシリーズ」において、住戸間を区切る壁である「界壁(かいへき)」に不具合が見つかった問題だ。

どのような不具合だったのか。

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする