「楽待新聞」をご覧いただき、ありがとうございます。この記事では、私たち「楽待新聞編集部」が、楽待新聞の読み方をご紹介いたします。

最初に訪れたらどこを見ればいいの? テーマ別に記事を読むには? など、みなさまの疑問を解決してまいります!

※文中で紹介するのは、スマートフォンブラウザ版の楽待新聞です。

楽待新聞とは?

楽待新聞は、全国の不動産投資家、あるいはこれから不動産投資を始めたいという人に向けた「不動産投資専門メディア」です。

不動産投資の基礎知識や多数の物件を所有する投資家のノウハウ、不動産業界のトレンドやニュースなど、さまざまな切り口で不動産投資に関する記事・コラムを配信しています。

中立性を重視して運営を行っており、不動産投資のメリットや成功談だけでなく、その危険性、リスクを指摘する記事も掲載。一方で、広告を目的とした特定の不動産会社や商品に関する記事は掲載しておりません。

初めて楽待新聞を訪れたら…

不動産投資に興味を持った、これから不動産投資を学ぶ、と言う方は、ぜひ「不動産投資とは」のページで基礎知識を学んでいただければと思います。

このページでは、「不動産投資とは何か」といった内容のほか、購入、運用、売却とステップ別にポイントをまとめています。まずは、不動産投資の概要をつかんでみましょう。

>> 不動産投資とは

「不動産投資とは」のページ。基礎知識や、不動産投資用語集などのメニューがある

このほかに不動産投資用語集も用意。楽待に会員登録していれば、オリジナルの特典動画でじっくり不動産投資を学ぶこともできます。

>> 不動産投資用語集

>> 会員登録はこちら

楽待新聞が提供するコンテンツは2種類

楽待新聞では、現在2種類のコンテンツを配信しています。

「実践大家コラム」は、全国各地の不動産投資家が、自身の体験や、不動産投資に関する個人的な見解を発信する場。投資歴10年、20年のベテラン投資家、何十棟、何百室と数多くの物件を所有する大家、まさに今始めようと金融機関をまわり、買い付けを入れている初心者など、さまざまなコラムニストが、リアルな体験談をつづっています。

日々更新される実践大家コラム。さまざまなテーマの記事がずらり

>> 実践大家コラム

「編集部記事」は、新聞社や出版社に勤めていた経験のある記者・編集者が不動産投資家や専門家らに取材し、その内容を記事にしています。

わかりにくい法改正や制度を詳しく解説したり、不動産投資のノウハウやニュースを発信したりするほか、不動産投資に失敗をした人、その理由、不動産投資業界の闇など、さまざまな切り口で情報をお届け。一部の記事は弁護士などの専門家らによる寄稿を受けています。

編集部や専門家が執筆した「編集部記事」の一覧

>> 編集部記事

動画コンテンツも続々配信中!

楽待新聞が提供しているのは、記事・コラムだけではありません。

楽待新聞は「楽待チャンネル」というYouTubeチャンネルを運営しており、社会問題から実践的な不動産投資ノウハウ、見て楽しい企画まで、バラエティに富んだ動画の配信を行っております。

現在100本以上のコンテンツがありますが、今後も続々配信予定です。

>> 楽待チャンネル

楽待新聞の画面を紹介!

次に、これらの記事が並ぶ楽待新聞のトップ画面について説明しましょう。

トップ画面の上部には、「記事・連載」「実践大家コラム」「ランキング」といったメニューが並びます。

「記事・連載」では、編集部記事や有識者によるコラムを新着順に一覧で確認可能となっています。「実践大家コラム」では、前述の通り不動産投資家が自ら執筆する「実践大家コラム」を表示。また、「ランキング」では人気のある記事や、評価の高いコメントやコラムニストなどを見ることができます。

右上の三本線をタップすると、次のような画面が出てきます。

右上の三本線をタップ

タップすると、このような画面が出てくる

ここでは、楽待新聞上のさまざまなコンテンツが、ジャンルや記事の内容毎に分類されています。特に注目していただきたいのが「連載」。編集部や専門家が執筆した記事を体系立ててまとめた連載記事はここから読むことができます。

例えば、編集部が不動産投資の実態を取材した追跡リポート、物件資料やレントロールの読み方を深く解説した徹底解剖「物件資料」、全国のエリアを現地ルポで届ける日本全国「ご当地」不動産投資最前線、不動産投資に欠かせないシミュレーションのやり方や失敗事例など、さまざまな視点から特集した徹底解説「収支シミュレーション」などです。

>> 連載一覧

「動画記事」では、楽待新聞編集部が制作した動画コンテンツのある記事を確認することができます。

動画も楽しめる「動画記事」がまとめて表示される

また「物件購入」「融資」「管理」「リフォーム」「税金」「出口戦略」「マネー」では、編集部記事がそれぞれのカテゴリに分類されています。

「融資をどのように引いているのか知りたい」「最近の融資情勢を知りたい」などと言ったときには「融資」、「物件を購入するためのノウハウを学びたい」「どのように規模拡大していったのか教えてほしい」と言う時には「物件購入」のカテゴリから記事を見るなどの使い方が可能です。

楽待新聞編集部の編集方針

現在、楽待新聞編集部には、記事を執筆する記者や、動画コンテンツを制作するクリエイターが複数名在籍。楽待新聞のコンテンツを充実させるべく、日々取材活動や記事、動画の制作を担っています。

電話のほか、実際に現地などを訪れて取材活動を行う

撮影した素材を編集して動画を制作

取材や制作の際には、常に「編集方針」に沿ったコンテンツ作りを目指しています。編集方針は以下の3つです。

1.中立主義

中立的な立場から多面的な取材を行い、いかなるときも偏向がなく信頼性の高い情報を提供する

2.投資家視点

私たちの読者は不動産投資家である。常に投資家の視点に立ち、「読者にとって有益な情報か」を考え、再現性のある情報の提供に努める

3.独自性の追求

新たな切り口による企画立案を行い、または他に例がない深く広い取材に基づく網羅性の高い情報を発信し、独自性の高いメディアを目指す

楽待新聞編集部はこの方針のもと、楽待新聞のコンテンツ作りを進めています。

さらに、楽待新聞を通じて、運営会社「ファーストロジック」が掲げるビジョン「公正な不動産投資市場の構築」の実現を目指しています。

コメントを通じて理解を深めよう!

楽待新聞の記事やコラムには、読者の皆さん自身がコメントを投稿することが可能です。

ある実践大家コラムについたコメントの一部。質問や、コラムへの感想など、活発な投稿がされている

コメント機能を活用すれば、執筆者に質問をしてさらに理解を深めたり、気になるコラムニストに応援のメッセージを送ったりすることもできます。

※コメントを投稿するためには、楽待への会員登録が必要です。
ガイドラインを必ずご確認の上、コメント投稿をしてください。

駆け足にはなってしまいましたが、楽待新聞の基本的な読み方・使い方は以上になります。

ぜひさまざまな記事、コラム、動画をご覧いただき、不動産投資の知識を学んでいただければ幸いです。

このほか、楽待新聞の使い方や見方について、疑問・質問があればコメントでもぜひお寄せください。

(楽待広報部)