区分マンションの購入を検討する際、物件の総戸数や建物図面までチェックする必要はあると思うだろうか? 一般的に、建物内の1室のみを所有する区分マンションでは、それらの情報はさほど重要視されない。しかし、中古区分のみ56室を所有し、無借金で総投資額約3億円、家賃年収3300万円を実現した「区分のプロ」芦沢晃さんの考え方は全く異なる。

不動産投資に必要な物件資料の読み解き方を学ぶ連載の第5回。これまでは登記簿謄本や公図、レントロールなど、一棟物件の購入を想定した内容を紹介してきたが、今回は番外編として、区分マンションの物件資料にスポットを当てる。

芦沢さんは1990年代半ばから都内や京浜地区の中古ワンルームを中心に現金買いを進め、20年以上にわたってほぼ満室経営を維持。鉄板のスポットに絞った投資戦略や長年の経験に裏打ちされた将来予測など成功の要因はいくつもあるが、購入検討段階で物件資料を見るポイントも人とは違っている。

ただ、「区分の物件資料に関する話はかなりマニアックになるので、書籍でもセミナーでもほとんどしたことがない」という芦沢さん。果たして、区分投資家界のレジェンドは、物件資料からどのように「買うべき物件」「買ってはいけない物件」を見極めているのか。そのノウハウを初公開する。

【取材協力】

芦沢晃さん
1995年、担保割れの自宅マンションを貸し出したことをきっかけに不動産投資をスタート。中古ワンルームを中心に56室を所有し、無借金で家賃年収は約3300万円に上る。46歳で指名退職後、再就職した電気メーカーで勤務を全うし、現在は個人技術士業エンジニアの兼業大家。

「販売図面」でまず見る場所は

今回は、まず私が販売図面をどのようにチェックしているか、そして「重要事項調査報告書」でチェックすべきポイント、その他の資料の見方という順番で紹介していきます。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む