インターネットで気になった物件に問合せをし、実際に購入を検討する場合、不動産会社とのやりとりはメールで行われることが多いのではないだろうか。

しかし、重要なメールが埋もれてしまったり、返信が来ず、問合せたことが相手に伝わっているかわからなかったりという不便さがある。

そこで、楽待では、楽待内で不動産会社と直接連絡が取れる「メッセージ機能」を用意している。

楽待で不動産会社に物件を問合せると、その不動産会社とチャット形式で気軽にメッセージをやり取りできるようになる。ファイル添付や既読かどうかわかる機能も搭載。アプリを活用すればプッシュ通知でお知らせが来るので、返信が来たことに気づきやすい。

楽待ユーザーはどのようにこの機能を活用しているのか。今回は、楽待のメッセージ機能を活用する投資家へのアンケートやインタビューを実施。メッセージ機能とメールとの違い、便利な点、不便な点などを聞いた。

お問合せの履歴が残る、マルチデバイス対応が便利…メッセージヘビーユーザーの声

まずは、メッセージ機能に関するアンケートで「満足・大変満足」と回答したユーザーに、その理由を聞いた。

「満足・大変満足の理由」の回答理由

・機能的に満足、メールソフトを開く必要がないので早い

・物件ごとに会話がまとまっており後から追いやすい

・ワンストップで問い合わせ管理が出来て便利。web、スマホアプリなど、マルチデバイスに対応しているため。

・普通のメールのように他のメールに埋もれず見れて、すぐやり取りできるため

不動産の購入検討にあたって、その物件についてどのようなやり取りを不動産会社と行い、どんな情報を得ているかを把握することは重要である。いざ、購入しようと考えたとき、物件の情報が1カ所に、時系列でまとまっていることで情報の見返しが容易になる点にメリットを感じている人が多いようだ。

また、マルチデバイス対応も楽待の「メッセージ」の特徴である。同じアカウントでログインしていれば、PC、スマホの両方でメッセージを確認できるため、外出中はスマホアプリで通知に気づき、帰宅後にPCで添付ファイルを確認する、という使い方も可能だ。

では、「不満・大変不満」の人々の意見はどうだろうか。

「不満・大変不満」の回答理由

物件問合せで利用したが、業者より返事がなかった

・回答がしにくい

・メールを使う人とメッセージを使う人がいるので、情報が分散して管理しにくい

・どこから見るのかよくわからなかった。

上記の回答からは、まだまだ使い勝手や不動産会社の利用率に問題があると言えそうだ。これらの意見は編集部でも受け止め、これからも改善を進めていきたい。

忙しいサラリーマンだからこそ、便利

続いて、実際にメッセージ機能を利用したことがあるユーザーにもヒアリングを実施した。

不動産投資歴約30年、都内のIT企業に勤める50代の二村さんは退職が近づいてきたタイミングで新たに物件を探すため、楽待を利用し始めた。

二村さんは、メッセージ機能を使ってみた率直な感想として、次のように言う。

二村さん

「不動産会社さんは電話でのコミュニケーションを好む傾向がありますが、一般企業で働いているサラリーマンからすると仕事中に電話が来たり、電話に時間を取られたりするのは困ります。だからこそ、楽待のメッセージ機能では非同期型のコミュニケーションができる点がいいですね。これからはこういうコミュニケーションの時代だと思います」

Fさんは、「メッセージ機能」が相手と同じ時間を共有しなくても意思疎通ができる「非同期」のコミュニケーションツールであることに価値を感じている。メッセージ機能には「既読・未読」がわかるという特徴があるが、「非同期のコミュニケーション」であっても「既読・未読」により自身が送信した内容が「相手に伝わっているか」が認識できるようになっているのもよい、という感想だった。

また、メッセージ機能の利点として、「履歴がわかりやすい」「写真や添付ファイルがビジュアル化されて送信される」「メッセージが埋もれない」という点を挙げた。

「不動産の取引において『言った』『言わない』というのはとても重要ですが、両者が削除できない楽待の『メッセージ』はそのエビデンスになります。メールは削除できてしまうので、その点が違います。また、メールでは添付ファイルがパッと見てわかりづらかったり、やりとりの流れがわかりづらかったりしますが、その点もメッセージ機能はカバーしています。メールは何百通も来るので埋もれてしまいますが、メッセージだと埋もれないのもいいですね」

不動産会社にとっても手軽、メッセージ機能を使う利点

では、メッセージを利用する不動産会社側の意見はどうだろうか。

2019年8月より楽待の利用を開始し、2カ月弱で50件以上の問合せに社長1人、社員1人で対応した有限会社トラスティング・リレイションの柳本社長は、「メールに比べるとLINEのようでやり取りしやすく、物件資料をテンプレートで保存しておけば物件の詳細資料も手軽に送信できる」という。

有限会社トラスティング・リレイション 柳本社長

他のポータルサイトも利用していたが、メールではどのやりとりがどの反響かわからなくなってしまったり、資料添付を都度行う手間が発生したりしていた。メッセージ機能ではそれが手軽にできるようになったため、規模の小さい会社でも多くの問合せに対応できた。

また、柳本社長は、問合せの確認やメッセージ返信が行える、楽待加盟店向けスマートフォンアプリを活用している。

「アプリのお陰で、お問合せがあった際、会社にいない場合でもすぐに返信することができるようになりました。弊社ではお客様との信頼関係を重視して、当たり前のことを当たり前に行うということを大切にしているのですが、『素早い返信』も『当たり前のこと』の1つとして実現できています」

2018年8月にリリースしたメッセージ機能が浸透し、このようにメッセージ機能を利用して会員への即時対応、密なコミュニケーションを実施する不動産会社は増えてきている。

1000物件見てやっと3件買える…いわゆる「千三つ」ともいわれる不動産の世界で、希望に合った物件を見つけるには時間と労力が必要だ。不動産会社とのやり取りを円滑化し、その「時間」と「労力」の負担を少しでも軽くするためにも、楽待で問合せたら「メッセージ機能」を利用してみてはいかがだろうか。

なお、以前公開した記事『営業マンが教える「NG」メッセージとは?』では、どんな内容のメッセージを送れば不動産会社への印象がよいのかというノウハウを紹介している。こうした記事も参考にしながら、メッセージ機能を活用していただきたい。

(楽待広報部)

○取材協力
有限会社トラスティング・リレイション https://trusting-re.jp/