11月30日、相鉄(相模鉄道)とJR線が直通運転をスタートし、神奈川県と東京都を結ぶ新たな鉄道路線が開業する。横浜市内から新宿など都心部へのアクセス性が向上することになりそうだ。直通運転開始に伴い新駅も誕生するが、新駅周辺を含め、沿線エリアはどのような場所なのだろうか。周辺の賑わいや商業施設の有無、住宅街の様子などから、これらエリアの中でも特に注目すべきまちを、まち探訪家の鳴海行人さんに探ってもらった。

相鉄・JR直通線の全容

まず、11月30日から運行される「相鉄・JR直通線」がどのようなものなのか、そこから説明していきたいと思います。

相鉄・JR直通線とは、相鉄の西谷駅から、新設される「羽沢横浜国大駅」までの2.1キロメートルの区間のこと。開業により相鉄とJRの線路がつながり、直通電車が運行できるようになります。

相鉄方の直通電車の起点は、神奈川県中央部にある海老名駅(海老名市)です。そこから相鉄本線を通り、西谷駅(横浜市保土ケ谷区)を経由、新駅の羽沢横浜国大駅(同神奈川区)へ。その先はJR線となり、武蔵小杉駅などを経由していきます。大崎駅からはJR埼京線に入り、恵比寿駅、渋谷駅、新宿駅と、東京都心部に至ります。また、一部の列車は埼玉県まで直通運転を行います。

11月30日からの直通線で、相鉄本線の沿線から都心部へ乗り換えなしでアクセスできるように

直通電車の本数は朝ラッシュ時で毎時3~4本、昼間は毎時2本、夕方が毎時3本。ただし、海老名駅や大和駅には新宿へ直通する小田急線があり、こちらの方が所要時間も短く本数も多くなっています。そのため直通電車の恩恵を受けるのは、主に西谷駅より西の横浜市瀬谷区、泉区、旭区のエリアになります。

ちなみに、直通電車は相鉄いずみ野線を経由しません。ただ、二俣川駅や西谷駅で直通電車に乗り換えやすいよう時刻などが考慮されており、直通の恩恵は受けやすいようになっています。

では、実際これらのまちの様子をみていきましょう。

新駅開業なのに盛り上がらない?

まず紹介するのは、新駅の羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)駅です。隣接地には貨物駅(横浜羽沢駅)があり、駅の隣には横浜市内の自動車交通を支える環状2号線が通っています。駅名にもなっている横浜国立大学へは徒歩10分ほどです。

新駅開業というと周辺の開発・再開発が期待されるもの。羽沢横浜国大駅にも、駅も含めた「神奈川羽沢南二丁目地区地区計画」が持ち上がっています。これによれば、低層階に商業施設や医療施設を設けた高層マンションを建設するA地区、同じく低層階に商業施設を入れた中低層マンションを建設するB地区、駅舎やバス停など駅関連施設を設けるC地区に分けて再開発を行うということです。

ただ、現状は駅以外のエリアではまだ具体的な開発計画が進展しておらず、駅周辺には商業施設も見当たりません。

11月30日に開業する羽沢横浜国大駅(著者撮影)

こうした状況には理由があります。それは、駅の立地と新駅に停車する列車の本数です。

羽沢横浜国大駅は、先述の通り貨物駅と環状2号線に隣接しており、谷間に新設された駅です。そのため駅周辺には開発余地のある土地がほぼなく、既存の住宅地までは貨物駅を超えた先の丘の上に行くか、環状2号線を超えた丘の向こうに行くかしかありません。

また、駅周辺には現状、暮らしに必要な商業施設やコンビニエンスストアなどもなく、今後、駅周辺再開発が完成するまでは、この駅を拠点に暮らしていくのは難しいと言わざるを得ません。

横浜市の道路交通の大動脈「環状2号線」。このすぐ南側(上写真では右方向)に新駅の「羽沢横浜国大駅」そしてそのすぐ南側に貨物駅がある(著者撮影)

羽沢横浜国大駅の南側に拡がる「横浜羽沢駅」(著者撮影)

そして駅に停車する電車についても、近隣エリアと比較して大変少ないことも特徴です。片方向で、1時間あたり最大本数が4本。昼間に至っては1時間に2本しかありません。終電も新宿発が23時14分と大変早くなっています。直通するJR横須賀線やJR埼京線のダイヤに余裕がなく、電車を入れる隙間がないことが大きな理由です。こうした駅周辺の地形や直通後の本数の面に難があるのが羽沢横浜国大駅周辺です。

また、横浜国立大学の学生が同駅をメインで利用するケースも多くはなさそうです。すでに市営地下鉄三ツ沢上町駅や、相鉄和田町駅から徒歩(15~20分)での通学が定着しています(横浜駅から学内へ向かうバスもあります)。羽沢横浜国大駅は、学生が積極的にメイン駅として利用するほど有利な立地ではなく、なんと言っても前述の通り電車本数が少ないのです。

加えて、羽沢横浜国大駅から横国大に行くには、丘を1つ超えていかなければならないうえ、住宅地の中を抜けていくため、歩きづらいのです(横国大に用事のある、東京都心方面からの業者などは使うこともあるかもしれません)。そのため、学生向けのお店がオープンする可能性も低いでしょう。

羽沢横浜国大駅から横浜国立大学まで徒歩10分ほど。この長い歩道橋を渡り、丘を越えていかなくてはいけない(著者撮影)

大幅な「格上げ」、西谷駅周辺の様子は

次に、JR線への直通電車と、従来から走る横浜方面への電車の分岐点となる西谷駅周辺を見てみましょう。西谷駅はこれまで相鉄線の各駅停車しか停車しませんでしたが、JR・相鉄直通線の運行開始ですべての電車が停車するようになります。これは駅にとっては大幅な「格上げ」です。

西谷駅前は駅前広場もなく、住宅街の真ん中にある駅といった趣だ(著者撮影)

しかしながら、駅周辺は駅前広場もなく、商店街も大きな商業施設もありません。徒歩数分のところに1つ、食品スーパーがある程度です。駅前から普通の住宅街となっています。羽沢横浜国大駅と同じく駅が谷間にあり、平らな場所があまりないことがその理由でしょう。さらに言えば西谷駅の真上には東海道新幹線も通っており、居住地としてよい場所とは言いがたいのです。

次に、西谷駅の西隣にある鶴ヶ峰駅はどうでしょうか。

鶴ヶ峰駅周辺の商店街。下町的な雰囲気がある(著者撮影)

駅前にはバスターミナルとの間に商店街が広がり、下町的な雰囲気が感じられます。また再開発ビル「ココロット」をはじめ商業施設もいくつかあり、便利な場所です。周辺にも急な坂道は少なく、住宅地が拡がっています。

一方、通過列車が多く、JRへ直通する電車の半数近くは停まりません。横浜の郊外にある住宅地としてはコンパクトな駅前の商業機能があり、利便性も高いのですが、東京へのアクセスを考えると少し難ありの場所でしょう。