PHOTO: iStock.com/oluolu3

「いつかはセミリタイアしたい。そのために、お金を稼ぐ仕組みを作りたい」。不動産投資を始める理由として、よく聞く言葉だ。そこで今回、楽待新聞編集部は「セミリタイア」についてアンケート調査を実施。

不動産投資家は本当にセミリタイアをしたいと思っているのか? したい、あるいはしたくない理由は? 実際にセミリタイアをした人は、どの程度の年間家賃収入を得た時にセミリタイアを決断したのだろうか。

※実施概要
調査時期:2020年2月8~11日
有効回答数:194

過半数が「兼業大家を続けたい」、そのわけは?

アンケート回答者のうち、現在もサラリーマンなどとの「兼業大家」である人は171人。以前は兼業だったものの、現在はセミリタイアをして専業大家となっている人は23人だった。

このうち、「兼業大家」と答えた171人に「今後、セミリタイアをしたいと考えていますか?」と尋ねたところ、過半数にあたる87人が「したくない(兼業大家を続けたい)」と回答している。

セミリタイアをしたくないと答えた人に理由を聞いてみると、次のような回答が得られた。

・大家業以外の知識、経験、人脈の獲得のため。老後やボケ防止のため、職には就いておきたい。(埼玉県/40代/男性)

・本業を楽しんでいる。また、組織に属している方が有益な情報を得られやすいと考えている。(東京都/30代/男性)

・給与収入の安定性は兼業のメリットです。(富山県/30代/男性)

・本業も楽しく、また大家業と本業の経験が相互に役立つから。
(栃木県/40代/女性)

・資産形成として継続している。まだ社会に貢献したい。
(東京都/50代/男性)

・基本給という確約を得られる収入源を手放す理由は見当たりません。
(埼玉県/20代/男性)

・不動産賃貸業には災害や事故など、問題が起こるリスクがあります。スキルがある大家の方は別だと思いますが、自分の実力ではそこに到達はできていません。(静岡県/50代/男性)

・退職時に専業になろうと思ったが、普段やることがない。生活費に家賃収入をまわすとお金がたまらないので、働くことにした。(愛知県/50代/男性)

・サラリーマンの肩書を持つことで、融資を受けられる属性としてプラスに働いている。(東京都/40代/男性)

金銭的な理由もあるものの、本業で働き続けること自体に楽しさがあったり、

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む