「私、働きたくないんですよね」。あっけらかんとした笑顔で話すのは、ブロガーでもあり、千葉県を中心に戸建て投資を行う大家でもある「エリック」さん(33)。大学在学中に転売業を起業、2017年には会社をたたんで、かねてから始めていた不動産賃貸業に専念したため、いわゆる「サラリーマン」とは無縁の生活を送ってきた。

家賃収入を柱に、「好きなことだけをする」生活を送る33歳のエリックさん。「イマドキ」の不動産投資家の思考に迫った。

■動画(前編・ゆるニート大家「エリック」って何者!?)

 

※動画の後編は本文の最後にありますので、あわせてご覧ください!

「5万円」のボロ物件、実質利回りで140%

エリックさんの不動産投資スタンスは、「無借金で戸建て投資」。現在は千葉、群馬、茨城、栃木に計5軒の戸建て物件を所有している。

「戸建ては(入居付けに)優位性があると思っています。戸建てはそもそも賃貸仲介サイトに載る数が少ないので、選んでもらいやすいですし、3月などの繁忙期じゃなくても入ってもらいやすい。一気に稼げるわけではないですが、リスクは少ないと考えています。地道に戸建てだけを買っていく手法をとっていきたいですね」

直近で購入したのは、千葉県富津市にある築約50年の戸建てで、価格はなんと5万円だ。2019年に相次いで日本列島を襲った大型台風の被害を受け、窓ガラスが破損。足腰の悪かった元所有者が、それを機に売りに出した物件だという。寝起きしたままの布団や、家財道具などもすべて残されたままだったが、約230坪の敷地内には農作のできるスペースもあり、倉庫にはまだ新しい草刈り機や耕運機、高圧洗浄機なども眠っていた。

エリックさんが5万円で購入した千葉県富津市の物件。表面利回りは脅威の「672%」だ

取材日には、「『すぐに農業ができる家』として貸し出そうと思っています」と話していたエリックさん。「お金をかけたところで(家賃は)上がらないですからね」と、リフォームも残置物の撤去や外壁の補修、窓ガラスの修理を行うだけにとどめる計画だった。

後日、近況を聞いてみると「月2万8000円で入居者が決まりました」という。リフォームは窓ガラスの修理のみで、約1万8000円を支出。計画どおりに「すぐに農業ができる」ほか、大型家具は残したままで「家具付き」や「DIY可」を打ち出した結果、その条件に惹かれた入居者が借りてくれることになったそうだ。

物件の価格は5万円だが、諸費用などを含めると総額は約24万円。それでも、140%を超える高利回りを実現させている。

「就職したら、負けだと思ったんですよ」

自身の性格は「心配性」だという。「借金をしたら眠れなくなるかもしれない」ため、所有物件はすべて現金で買い進めてきた。

中古・築古物件を安く購入し、安く修繕して貸し出すのが基本的な考え方で、専業大家である現在はこの賃貸業が収入の柱となっている。現在の年間家賃収入は約230万円。このほか月約10万円前後という、広告収入を得るためのブログの執筆や、時おりセミナー開催のアルバイトなどをしながら、「好きなことだけ」をして生活を送るスタイルだ。

東京生まれ、東京育ち。駒澤大学在学中の2008年に転売業を立ち上げてから現在まで、「就職」をしたことはない。「就職したら負けだと思ったんですよ。自分は、働くために大学に行っていたわけではないし、お金を稼げているなら別にいいかな、と思って」

自宅のある木更津市と、所有する物件の中間地点にあるコワーキングスペースで、日々のブログを執筆。ブログ立ち上げのセミナーなども開かれており、ノウハウはそこで学んだという

不動産投資を始めたのは4年前。「自分の会社がいつ無くなってもおかしくないと思っていたので、安定した収入を得られるようになりたいと考えた」のがきっかけだという。「今は、不動産投資が楽しいからやっている。楽しくてお金も入るのが魅力的ですね」と話す。

勤め人ではない気楽さも手伝い、2019年末に東京から千葉県木更津市へ引っ越した。「千葉県は相次ぐ台風被害で、実需も含めて物件を手放したいという所有者が多い。今なら安く買える可能性が高いと思ったんです」と理由を語る。

狙う戸建て物件の価格帯は200万~300万円ほど。しかし、この価格の物件は問い合わせの数も多いため、逆に500万円ほどの物件に問い合わせ、そこから指値を入れていくのが「エリック流」だ。

指値の際には、「どんなに古い物件でもその物件を徹底的に褒めるようにしています」という。「普通は瑕疵やダメな部分を指摘して指値を入れていくと思うんですが、私は逆に褒めて、不動産会社さんに心を開いてもらい、仲良くなるようにしています。その方が、次の物件も紹介してもらいやすくなりますしね」

DIYに挑戦も失敗、それも「オイシイ」経験に

取材日は、ちょうど2019年秋ごろに290万円で購入した4軒目の物件で、DIY作業の最中だった。千葉県館山市にある築約30年の木造2階建て。この物件は購入後に台風の被害を受け、瓦が飛び、雨漏りが発生してしまったという。火災保険が下りたため金銭的な損はなかったが、施工業者が多忙でなかなかつかまらず、その間に内装をDIYで仕上げることにした。

初めての作業に、工具を約10万円かけてそろえた。知人の手も借りながら、和室から洋室に変更したり、壁をペンキで塗装したりと大がかりな作業も経験。かかった費用の総額は約23万円だ。現在は8万3000円で入居者を募集中。すでに問い合わせも多数あり、近日中には入居者も決まりそうだ。

完成した現在はその出来に満足しているが、細かな点では失敗の連続でもあった。

例えばキッチンは、シンクなど金属部分のサビとりをした後、収納の扉にリメイクシートを貼り付けた。ところが、扉の独特な形状があだとなり、周囲から「雑すぎる」という指摘の嵐。結局、シートの貼り付けは断念した。

また、もともと置いてあった洗面台も見栄えをよくしようとリメイクシートを貼り付けたり、ペンキで塗装したりした。ところが、このペンキが洗面台のコンセントに入り込んでしまい、通電しなくなってしまった上、「ペンキの色のせいなのか、すごくチープに見えちゃうんですよ…。Twitterに投稿したら『ダサい』『センスがない』と大不評でした」。結局、古い洗面台は廃棄し、新しい三面鏡付き洗面台を約4万円で購入した。

キッチンでDIYをしたところ、「雑」と大不評だった。500円で買ったリメイクシートは「なかったことに」したという

こちらも「ダサい」「センスがない」と酷評の嵐だったという洗面台。想定ではもっときれいな色になる予定だったそうだが…

それでも、こうした失敗も糧にする。「ブログやTwitterを通して、『ここはこうした方がいいよ』といろんな人から意見やアドバイスをもらえるので、すごく勉強になりますし、すぐ実践できてありがたいです」。ブログのネタになるため、「失敗もオイシイ」そうだ。