当選した1人に最大700万円の物件購入資金を贈呈し、さらに物件選定や管理、入居付けに関して「空き家再生人」こと広之内友輝さんら不動産投資家の全面サポートを受けられる。それが楽待の「大家さんデビュープログラム」です。

今回は、選考に関して広之内さんにインタビューを実施。広之内さんが「一緒にプログラムを進めたい」と思う人とは?

また、書類審査を通過した2人と、広之内さんが特別対談も。初心者からの真剣な質問に、広之内さんも熱い気持ちで答えます。

広之内さんが一緒にプログラムを進めたい人は…

1次審査を終えた段階で、アドバイザーを務める広之内さんにオンラインインタビューを行いました。「どんな方とプログラムを進めていきたいか」を尋ねると、広之内さんは「夢がある人」と即答します。その真意は?

 

―今回、2300人の方に応募をいただきました。特徴としては、30代を中心に若い方が多かったです

素晴らしいですね。資力はそこまでないけれど、将来のことを考え始める時期の20代後半、30代の方々にこの企画がマッチしたんでしょう。私もちょうど30歳の時に不動産投資を考え始めましたが、自分自身や配偶者が融資に抵抗感を持っていたり、最初の1つ目での失敗を恐れたりという気持ちは、よくわかります。

そういった面で、今回の楽待の企画は、物件購入資金を提供してくれるので魅力的だと思います。

―広之内さんも、当初は失敗を懸念して小さく始めたいと思っていたんですか?

思っていました。初めは、1400万円のアパートを見に不動産会社を訪れたんです。でも、応接室に入ると、用意されていたのは4400万円の物件の企画書。衝撃的すぎて、出されたアイスコーヒーを噴くところでした(笑)。

その場の雰囲気に流されて物件を見に行ってしまったものの、ほかの中古物件の購入を決めたこともあり、断ることにしました。ところが、不動産会社から「どうしてもあなたに買ってほしい」と懇願されて…。結局、その物件と別の中古物件など、複数の物件をいっぺんに購入してしまいました。

―広之内さんにもそんな時代があったんですね

ありましたよ。ビビりの時期もありましたしね。

―アドバイザーとして、このプログラムをどんな方と一緒にやっていきたいと思いますか?

夢がある人ですね。私は、誰かの不動産投資を成功させるためにこの企画に協力しているわけではありません。不動産投資を成功させることによって、幸せな人生にしたい、人生を変えたいという人のために協力しているんです。そういう思いを持っている方と一緒にやっていきたいと思います。

ただ今回、選ばれるのは1人だけ。それ以外の2299人の方は、残念ながらご縁がなかったということになります。でも、応募してくださった2300人の方は、それでも挑戦してくださった方です。「やる」「やらない」で「やる」に舵をきれた。応募したこと自体に価値があると思います。今回挑戦した自分に、誇りを持っていただきたいです。この挑戦が、何か一歩を踏み出すきっかけや、なんらかのチャンスになったと思ってもらえればうれしいですね。