経験豊富な不動産投資家が、物件見学の際にどこをどのように見ているのかを「モニタリング」する本企画。

今回、物件見学の様子を見せてもらうのは、現役大学生大家の野田昌寛さん。20歳のときに不動産投資を始め、法人を設立。愛媛県を中心に新築アパート、中古アパート、駐車場、トランクルームなどを手掛けている。

今回、野田さんが見に行く物件は、千葉県内にある駅徒歩7分の一棟アパート。

※クリックで拡大できます

築48年と室内や外壁の劣化状況が気になるところだが、大規模修繕が行われたばかりのようで、写真を見る限り綺麗な状態のようだ。野田さんはどのような点を中心にチェックするのだろうか。その様子を見ていこう。

 

※映像でご覧になりたい方は上記を
記事でご覧になりたい方は下記をご覧ください(同じ内容をまとめています)

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む