不動産業界を支えるさまざまなプロフェッショナルに焦点を当てた本企画。今回は昨年の9月に続き、雨漏り調査のプロ「雨漏り診断士」の仕事に密着した。その内容を動画と記事でレポートする。

原因の特定が難しく、工事を行っても再発してしまうことが少なくない「雨漏り」。原因箇所が複数に渡れば雨漏りはなかなか止まらない。質の低い業者に工事を依頼してしまったために、症状が悪化してしまうケースもある。

素人には判断が難しい雨漏りの原因箇所を、プロはどのように見つけ、直すのか。今後の物件選びの参考にしてほしい。

雨漏りは「すぐに」「安く」は直せない

「本当にやる気のない、適当な業者が(防水工事の)マネ事をしている。こういうの、許せないんですよね」。語気を荒げながらこう話すのは、雨漏り診断士の米田秀樹氏(株式会社ホークアイズ)。自身が請け負った雨漏り調査の現場では、過去に別の業者が行ったずさんな工事が雨漏りの原因となっていたケースを何度も見てきた。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む