PHOTO: iStock.com/MasaoTaira

楽待では四半期に1度、楽待内の掲載物件情報をもとに、投資用不動産の市場調査を行っている。今回は、2020年7~9月期の結果を公表する。(調査期間:2020年7月1日~同年9月30日、対象:期間中に「楽待」に新規掲載された全国の物件)

※いずれも( )内は前期比 ※表面利回り・物件価格は平均値

2020年7~9月期は、全種別で物件価格の上昇傾向が見られた。平均物件価格を同年4~6月期と比較すると、一棟アパートが93万円プラスの6224万円、一棟マンションが1785万円プラスの1億8636万円、区分マンションが62万円プラスの1638万円となっている。

一棟アパート物件価格は、6四半期ぶりに上昇

2019年1~3月期以降続いていた一棟アパート物件価格の減少が、6四半期ぶり上昇に転じた。2020年4~6月期の6132万円から93万円プラスとなる6224万円となった。

利回りは、

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む