PHOTO: iStock.com/Juergen Sack

まち探訪家・鳴海侑さんが個人的に注目しているまちに、不動産投資家の代わりに足を運び、そのまちの開発状況や歴史についてレポートする本企画。今回は、再開発が進むウォーターフロント「みなとみらい」周辺をピックアップしてご紹介します。

「みなとみらい」は横浜新都心の象徴

オフィスやマンション開発が盛んで、不動産関係の話題にも上がりやすい東京湾岸エリア。一方、同じように開発が進むものの、不思議と注目度がそこまで高くない場所があります。それが横浜市の「みなとみらい21」(通称:みなとみらい)エリアです。

みなとみらいは横浜都心部の機能集中と強化を目指して開発された新都心で、近年オフィスの集積が進んでいることや隣接する地区に横浜市役所が移転したことでまちの機能を高めており、いま伸び盛りの地域です。そこで開発の経緯や現在の様子を通じてこのまちの全体像と可能性に迫っていきましょう。

みなとみらいは横浜駅の東口から桜木町駅の東側にかけて広がり、「そごう横浜店」に代表される「横浜駅東口地区」、文字通りみなとみらいの中央に位置する「中央地区」、赤レンガ倉庫が有名で、港湾施設が集まっていた「新港地区」の3つの地区に分かれています。

横浜はみなとみらいの開発が始まるまで、関内・伊勢佐木町地区と横浜駅周辺地区の2地域に都心部が分かれていました。そこで、2つを一体化し、多彩な機能を集積して都心部を強化すること、東京に集中している首都機能を分担することなどを目指して、新都心づくりのプロジェクトが計画されました。そして公募により名称が「みなとみらい21」となりました。ただ、現在では「みなとみらい」と呼ぶのが一般的になっています。

開業当初は空室が目立った「横浜ランドマークタワー」

みなとみらいにはもともと、三菱重工業横浜造船所など港湾関係の施設がありました。そして1965年に当時の横浜市長が高度経済成長による急激な人口の増加に対応するべく、

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする