大家デビューに向けて物件探しや内見を行っている米谷優さん。今回は楽待の「大家さんデビュープログラム」で贈呈された700万円で物件を購入しますが、2棟目以降は融資を使うことも検討しているとか…。

そこで今回は、米谷さんが「融資面談」に挑戦! 多くの金融機関からフル・オーバーローンを引いてきた不動産投資家の安藤新之助さんと、地方信金で支店長代理を務めたこともある谷口雄市さんが、米谷さんの模擬面談での回答をもとに、融資面談のコツを解説します。

金融機関は、面談でどのようなことを確認しているのでしょうか? 融資面談の「NGワード」とは? 

安藤さん

安藤新之助
不動産投資歴12年、現在12棟195室を保有する。総投資額約18億円、年間家賃収入1億5600万円、年間CF6200万円。過去には「融資獲得アドバイザー」としての活動も。

谷口さん

谷口雄市
元地方信金支店長代理。数々の融資審査を担当してきた。今回は模擬融資面談の審査役を務める。

米谷さん

米谷優
元日本代表のプロスキーヤー。「大家さんデビュープログラム」で2300人の中から選ばれた。初めての不動産投資に挑戦中。

融資面談で良く聞かれることは?

融資面談でどのようなことを聞かれるのか、よくある質問をまとめました。自分だったらどのように回答するか、考えてみましょう。

 

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む