物件内で事故や自殺などが発生してしまった「事故物件」。特に高齢化が進み、地域社会との関係性も希薄になった現代では、孤独死は年々増加している。

今回、こうした事故物件の現場に赴き、お祓いを行う人物に密着した。「不動産の神を祭る」という照天神社(神奈川県相模原市)の宮司、金子雄貴氏。彼は、どのような思いで事故物件でお祓いを行っているのだろうか。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする