PHOTO:ABC / PIXTA

今月、2回目の緊急事態宣言が発令された。今後、不動産業界にはどのような影響が考えられるだろうか?

新型コロナウイルスによる影響が拡大し始めた昨年2月末、楽待新聞編集部では不動産投資家に向けて、「コロナウイルスと不動産投資」についてアンケートを実施していた。

当時は感染拡大からそれほど時間が経過していなかったためか、「新型コロナウイルスによる影響はない」と回答する人が約半数を占めた。

アンケートから約1年経過するが、果たして変化はあるのだろうか。今回は、前回と同様のアンケートを実施。不動産投資家754人の回答を得た。

※実施概要
調査時期:2021年1月7日~1月11日
有効回答数:754

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする