2001年、浦和・大宮・与野の3市が合併し、埼玉県に「さいたま市」が誕生しました。このさいたま市のうち旧浦和市に当たるエリアには、「浦和」と名のつく駅が8つもあります。

駅名は似ていますが、それぞれの駅は歴史もバラバラで、特徴も異なります。そこで今回は「浦和」の名がつく駅周辺のまちの様子を紹介し、どの「浦和」が投資対象としてアリなまちなのかを考えていきたいと思います。

中心的存在はやはり「浦和駅」

まず、「浦和」と名前のつく8つの駅を整理しておきましょう。8つの駅は、さいたま市内を走る7つの路線に分散して存在しています。開業年順で並べると以下の通りです。

1. 浦和駅(1883年/JR宇都宮・高崎線、JR京浜東北線)
2. 北浦和駅(1936年/JR京浜東北線)
3. 南浦和駅(1961年開業/JR京浜東北線、JR武蔵野線)
4. 西浦和駅(1973年開業/JR武蔵野線)
5. 東浦和駅(1973年開業/JR武蔵野線)
6. 武蔵浦和駅(1985年開業/JR埼京線、JR武蔵野線)
7. 中浦和駅(1985年開業/JR埼京線)
8. 浦和美園駅(2001年開業/埼玉高速鉄道線)

8駅ともに東京方面への列車が通っています。ただし、JR武蔵野線は千葉県方面を大きく迂回して東京へ直通するため、東京へのアクセス列車としては実用的とは言えないでしょう。また、浦和美園駅のある埼玉高速鉄道は、運賃が高額で都心まで時間もかかります。

8つの浦和の位置関係

東京都心へのアクセスでは、運行本数の多い京浜東北線、また赤羽駅で乗り換えることで都心各地へ向かうことができるJR埼京線の利便性が高いと言えます。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする