アパートやマンション「以外」の物件オーナーを楽待スタッフが直撃し、投資額や収支などを調査するこの企画。

今回取り上げるのは、「ラブホテル投資」。主にカップルなどに向け、休憩や宿泊のための部屋を提供するビジネスだ。コロナの影響が続く中、ラブホテルの経営状況はどうなっているのだろうか? そして気になる収支は? 記事と動画で紹介する。

 

5つのラブホテルを経営するオーナーを直撃!

取材したのは、千葉県千葉市にあるこちらのホテル。この物件を含め、市内に5つのラブホテルを所有・経営するグループのオーナー、トミタさんに話を聞いた。

今回取材したホテルの外観。すぐ目の前には蘇我インターチェンジがある。この建物の後ろには、トミタさんのグループが経営する別のラブホテルも建っている

大きな通り沿いに建つこのホテル。すぐそばには、京葉道路の「蘇我インターチェンジ」がある。今から18年ほど前、ここにインターチェンジが作られることが決まった際に、トミタさんの両親が利用客の需要を見込み、ラブホテルを新築したそうだ。

以前はマンガ家を目指していたというトミタさん。現在はホテルの経営を引き継いでいる

売上げは順調に伸び、すぐ隣にもう1軒ホテルを新築することに。それが今回取材したこのホテルだ。現在は両親に代わり、トミタさんが主な運営業務を行っている。トミタさんによると「この業界には私のような二世、三世の経営者は多いみたいです」という。

ラブホテルならではの高額な設備投資も

ラブホテルの場合、アパートやマンション、テナントビルにはない特殊な設備への投資も必要だ。中でも特に特徴的なのが、客室の管理を行うこちらのシステム。

客室の稼働状況が表示された画面。どのようなコースで入室したか、また食事の注文の有無なども分かる。清掃を担当する従業員もこの画面を見てベッドメイクなどを行う

ラブホテル業界では広く知られた管理システムだそうで、トミタさん曰く「ラブホテルの経営をするなら(導入は)ほぼ必須」とのこと。稼働状況や売上げの管理、客室に設置された食事などの注文システムなどがすべてパッケージ化されている。このホテルの場合、導入費は一式で約3000万円ほどだ。

端末の操作はこの特殊なキーボードで行う

客室に設置されたモニター。ここから食事の注文や料金の確認などが行える。これも管理システムにパッケージ化されているそうだ

都心は「異次元」? 気になる売上げを公開!

続いて、気になるラブホテルの売上げについて聞いた。

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする