「私の1棟目」と題し、先輩大家の「物件購入」初体験について聞くインタビュー企画。

今回は、西日本エリアで中古の1棟RCを中心に10棟215室に投資してきた専業大家、MOLTAさんにインタビューを行った。30年ほど前に不動産投資を開始し、売却を経て現在は7棟140室を所有している。

そんなMOLTAさんはなぜ不動産投資を始め、1棟目としてどのような物件を購入したのか。そして「タイムスリップしたら、頭ぶん殴ってでも止めたい」と語る、1棟目の失敗エピソードとは―。MOLTAさんのこれまでの軌跡に、記事と動画で迫る。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする