PHOTO:mits/PIXTA

不動産投資専門のQ&Aサービス「楽待相談室」には、不動産投資に関する質問・相談、そして回答が日々寄せられています。本記事では、実際に投稿された質問の一部をご紹介していきます。 ぜひ参考にしていただき、ご自身の疑問・質問も投稿してみてください!

Q.複数の銀行に対して、同時に融資相談するのはNG?

物件購入にあたり、銀行から融資前提で考えています。

・地銀、信金、公庫など、複数銀行に融資相談(仮審査)を実施しても問題ないのでしょうか? 
・一番条件が良かった銀行以外は断ることになりますが、「条件が合わなかったため」のような断り文句で、問題はないのでしょうか?

質問を投稿すると先輩大家や専門家からの回答が続々と! 果たしてどんなアドバイスが寄せられたのでしょうか…。

 

回答させていただきます。

>地銀、信金、公庫など、複数銀行に融資相談(仮審査)を実施しても問題ないのでしょうか? 

地銀で特に第一地銀は比較に慣れていますし、金利なども競っていけるのですが、信用金庫は比較すると条件では、地銀には負ける(金利)ことが多いです。したがって、地銀にも相談するなら条件では勝てないので、地銀の融資相談がダメになってから信用金庫に相談して欲しいという考え方はあります。

また比較するにしても、条件ではなく、決済スピードでの勝負で伝えるのが好ましいです。公庫は立ち位置的に特殊なので特にケチはつかないのが一般的です。

>一番条件が良かった銀行以外は断ることになりますが、「条件が合わなかったため」のような断り文句で、問題はないのでしょうか?

→これは一つ目の追加になるのですが、「条件が合わないなら申し込まないでよ」となるので、スピードが早かったところ、とするのが好ましいです。承認をおろした後に断るとケチがつくので、あまりやらない方が良いです。

事前打診で条件を比較(どれくらいでやれそう?)というのは問題ないのですが、「その条件で申し込みお願いします!」と伝えて、承認になったら断るというのが問題で、担当者もひどく上から叱られます。融資実行してから初めて利益につながるのですが、融資審査には手間がかかるので、承認後に条件で断るというのは、基本的になしです。

唯一アリなのは、(地銀同士になると思いますが)条件比較で、条件の良いところにするから、それでも良ければ審査して欲しいといって、やってくれる場合です。

参考になれば幸いです。

他4名のアドバイスはこちらから!

皆さまからの相談や回答が、他の不動産投資家のお悩み解決にもつながります。1人でも多くの方にご利用いただけるよう、これからも「楽待相談室」のサービス向上に努めてまいります。

不動産投資に関するお悩みの相談は
楽待相談室」へ!