まち探訪家・鳴海侑さんが個人的に注目しているまちに、不動産投資家の代わりに足を運び、そのまちの開発状況や歴史についてレポートする本企画。今回は少し趣向を変えて、かつて分譲地として開発されたものの、住み手がいなくなってしまった「限界ニュータウン」に着目しました。

放置された分譲地のいまを探る

首都圏の空の玄関口のひとつ、成田国際空港。1970年ごろ、その成田市を取り巻くように多くの小規模分譲地が開発されました。ここで言う分譲地とは、開発業者によって数十戸程度の戸建て用地が区画された住宅地のことです。

こうした用地の開発の主体は小さな不動産会社が主だったために、当時のデータや記録はほとんど残っておらず、その実態は自治体も把握できていません。さらに現在、それらの分譲地の多くで空き地が目立ち、中には管理がほとんど行われていない分譲地もあるといいます。

このような小規模分譲地はいかにして生まれ、どのような問題を抱えているのでしょうか。今回は、ブログ「限界ニュータウン探訪記」を運営し、このエリアの分譲地に詳しい吉川祐介さんにご協力をいただき、実際に現地を案内していただきました。

坪単価は1万円

吉川さんがまず案内してくれたのは、千葉県A市の分譲地です。隣の自治体との境に近いA市。隣町から2車線の快走路を進み、脇道にそれて250メートルほど走ると、区画整理された分譲地が広がります。

森と畑に囲まれた中に現れた分譲地は駅から約3キロの位置にあり、道路は舗装されていません。1辺は150メートルほどの正方形に近い形で、東西に3本の街路が敷かれていました。

A市の分譲地。まばらに家が建っている様子がうかがえる(著者撮影)

分譲された土地の半数以上は空き地で、すでに建っている家には空き家になっている物件もあるようです。道路脇の排水溝は掃除されておらず、場所によっては完全に埋まっているものもありました。管理状態はあまりよいとはいえません。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする