「大津カイジ」さんは、社会人2年目で不動産投資を開始、これまでに30軒の築古戸建てに投資し、満室時の年間家賃収入は1860万円に上る不動産投資家である。ブログやYouTubeなどで積極的に情報発信を行い、楽待新聞では実践大家コラムニストとしておなじみだ。

銀行から融資を引いて築古戸建てを購入するスタイルが特徴的な大津さん。一般的に築古戸建ては融資がつきにくく、現金買いする人も多い中、どのようなやり方で「ボロ戸建」を買い進め、次々に収益を上げているのか。密着取材した。

大津さんの実績

※大津さんの投資用物件全データを一覧にしたリスト(PDF)は以下からダウンロードできます。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする