PHOTO:リュウタ/ PIXTA

不動産投資専門のQ&Aサービス「楽待相談室」には、不動産投資に関する質問・相談、そして回答が日々寄せられています。本記事では、実際に投稿された質問の一部をご紹介していきます。 ぜひ参考にしていただき、ご自身の疑問・質問も投稿してみてください!

Q.築29年の木造アパート、会社員が満額融資で受けるには?

築29年の木造アパートの購入を考えています。今回が初めての不動産投資でございます。現在は、会社員でこの先もまだ仕事は続けていこうと思っています。

地方の山間部の物件ですが、供給物件が少なく需要の方が供給を上回っている地域と考えております。融資を満額うける為の良い方法があればアドバイスをお願いします。

質問を投稿すると先輩大家や専門家からの回答が続々と! 果たしてどんなアドバイスが寄せられたのでしょうか…。

 

現状は、
1)十分に担保価値があること。
→不足分は別途担保を提供できること。

2)自己資金が充分あること。
3)購入した物件の家賃収入で返済が可能なこと。

最低この条件を満たせば、満額融資の可能性もわずかにはあるかなと思いますが、いろいろなところの情報を見る限り10〜30%の頭金は必要だと書いている方が多いですね。

過去には2重契約や、エビデンス偽造で満額融資が出ていたこともありますが、ここ数年の間にグレー→ブラックの評価になったので、期限の利益を失う可能性(一括返済)もあります。もしそんな提案があったら、その不動産屋さんとのお付き合いはやめた方がいいです。

現状は満額融資は難しいと思います(銀行さんは相手にしてくれないのではないでしょうか)。一部の資産家さんには目をつぶってでも貸すと思いますが、一般サラリーマンでは難しいと思います。

他2名のアドバイスはこちらから!

皆さまからの相談や回答が、他の不動産投資家のお悩み解決にもつながります。1人でも多くの方にご利用いただけるよう、これからも「楽待相談室」のサービス向上に努めてまいります。

不動産投資に関するお悩みの相談は
楽待相談室」へ!