「日本列島改造論」を背景に地価が上昇し、土地への投機がブームとなり始めていた1970年代。全国的に土地開発の機運が高まる中、空港建設を控えていた千葉県成田市周辺でも小~中規模の住宅地開発が行われ、投機目的でこれを買う者が多くいた。

それから約半世紀が経った現在、成田市周辺に点在するこうした住宅分譲地が「ある問題」に直面しているという。

「投機目的で買われたために住宅が建たず、放置された所有者不明の空き地がたくさんあります。住む人が少ないため管理費が足りず、共用設備が使えなくなって『限界ニュータウン』化してしまっているのです」

こう話すのは、ブログ「限界ニュータウン探訪記」を運営する吉川祐介さん。自らの足で100カ所以上もの「限界ニュータウン」を巡り、その実情を克明に記録してきた。

今回はその吉川さんとともに、成田市周辺に複数ある「限界ニュータウン」の1つであるB団地を訪問。現地取材を通じて浮かび上がってきたのは、空き地のオーナーを狙うナゾの業者の存在だった。

限界ニュータウンはこうして生まれた

B団地があるのは、成田市の中心から東にある田園地帯の中。成田駅から車で現地に向かう道中、吉川さんがこう話してくれた。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする