PHOTO:わこう/PIXTA

アパートローンとは何なのか、どのように借りるべきなのかなど、アパートローンの基礎を振り返っていくシリーズ。前回の記事では、物件価格の「妥当性」について、銀行がどのように検証しているのかを説明しました。

今回は、アパートローンを申し込んだ際、銀行員が行う物件のチェックポイントについて解説します。不動産投資家の中には、「銀行員は物件の価値を見極められない」と感じている方もいることでしょう。本記事で、その理由が少し見えてくるかもしれません。

入居率や管理状況は銀行が現地チェック

銀行は通常、アパートローンの審査において、物件のチェック表を作成しています。以下はアパートローンの投資対象として最も多い、住居系物件の一般的なチェック項目です。

このチェック項目のそれぞれで点数を出し、物件を評価することが多いのではないでしょうか。合計で何点未満は融資不可としている場合もあるでしょうし、借入金利に影響する場合もあるものと思います。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする