PHOTO : 白熊 / PIXTA

不動産投資専門のQ&Aサービス「楽待相談室」には、不動産投資に関する質問・相談、そして回答が日々寄せられています。本記事では、実際に投稿された質問の一部をご紹介していきます。 ぜひ参考にしていただき、ご自身の疑問・質問も投稿してみてください!

Q.高齢者が多く住む木造アパートの購入は避けるべき?

現在築37年の高齢者の多く住む木造アパート6戸の物件の購入は避けるべきでしょうか?半年前から満室稼働中と言う事です。

また問題は再建築不可物件です。

質問を投稿すると先輩大家や専門家からの回答が続々と! 果たしてどんなアドバイスが寄せられたのでしょうか…。

 

相談者様がプロ大家業でなければ、もしくはプロ大家になる覚悟がなければやめておいた方が良いと思います。

認知症もあるし、介護もあるし、孤独死もあり得ますし、入居者さんみなさんがシッカリした保証人や身元引き受け人がいるとは限らないです。売却のために、条件を緩くして満室にしている可能性もあります。

高齢者さんの場合、しっかりした身元引き受け人がいなければ、ご自身が福祉協議会や、行政、民生委員さんに交渉したり、お願いしたりしなければならない場面が出てきます。プロ大家としてそこまでやる覚悟を持ってないと、利回りや満室だからとかお金の面だけでは、思ったことと違うという結果になるかもしれません。管理会社さんはやってくれません。

相談者様のスキルと覚悟次第だと思います。

他2名のアドバイスはこちらから!

皆さまからの相談や回答が、他の不動産投資家のお悩み解決にもつながります。1人でも多くの方にご利用いただけるよう、これからも「楽待相談室」のサービス向上に努めてまいります。

不動産投資に関するお悩みの相談は
楽待相談室」へ!