前編から続く)

「馬主で大家で占い師」の肩書を掲げる不動産投資家、「あらいちゅー」さん。中国人入居者によるトラブルが多発した新大久保の区分マンションなどを所有しており、3戸目として購入したのは、横浜市の戸建てだった。

さらに、4戸目として購入したのはかなりの問題物件だったそうで…。

Twitterで入居者が

300万円で購入した横浜市の戸建て。さらに300万円をかけてリフォームし、再生を果たしたところで入居者を募集した。当初は8万円で募集したものの借り手がつかず、値段を下げることに。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする