PHOTO:barman/PIXTA

不動産を使った相続税の節税を巡る裁判、最高裁の判断はいかに―。

高額な不動産を購入して数億円規模の節税を図った相続人に対し、国税当局が「伝家の宝刀」と呼ばれる手法で、約3億円の追徴課税を行った今回の事案。相続人が課税処分の取り消しを求めた訴訟の判決が19日、最高裁(第三小法廷・長嶺安政裁判長)で言い渡された。

最高裁は今日、相続人側の上告を退ける決定をし、相続人に追徴課税を課した国税の処分を妥当とする判決が確定した。

【関連記事】国税が抜いた「伝家の宝刀」、路線価否定の判決を最高裁が覆す?

判決の内容は

判決は、相続人らが借り入れをして不動産を購入し、相続税を「ゼロ」として申告したことに対し「近い将来発生することが予想される相続において、相続税の負担を減らすか免れさせるものであることを知り、租税負担の軽減をも意図して行ったものといえる」と指摘。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする