PHOTO:いつか / PIXTA

会社員として働く傍らで不動産投資をする方にとって、「限られた時間でいかに効率的に取り組むか」は大きな課題ではないでしょうか。「物件を探す時間が足りない」「信頼できる不動産会社を見つけられない」など、悩みは付き物です。

これらの悩みを解決できる楽待の「提案サービス」を知っていますか。希望の物件条件を楽待に登録しておくだけで、条件に合致したり、希望に近い物件などが不動産会社から直接紹介されます。

では、提案サービスとはどのようなサービスなのか、具体的にどのようなメリットがあるのか。実際にサービスを活用しているベテラン投資家の安藤新之助さんとMOLTAさんに話を聞きました。

「楽待会員30万人突破 ありがとうキャンペーン」
今なら「ニーズ登録」すれば
抽選で300名様Amazonギフト券1000円分プレゼント
詳しくはこちら!

時間削減や関係性構築に

提案サービスとは、不動産会社から直接欲しい物件情報を紹介してもらえるサービスのことです。希望の物件情報を楽待に登録しておくことで、条件に近い物件が届きます。まだ表に出ていない水面下の物件を紹介されることもあります。

提案サービスの仕組み

では、普段からよく提案サービスを活用しているというベテラン投資家2名に、サービスの使い勝手を聞いてみましょう。

効率的な物件探しが可能に

「自身のニーズに合った物件情報を紹介してもらえるので、時間の削減になります」。こう話すのは、関西圏を中心に6棟132室を所有する専業大家のMOLTAさん。

「不動産投資に取り組み始めたころは、1社ずつ不動産会社を訪問する必要がありました。その度に、自分の属性や欲しい物件情報などを1から説明するのは大変でしたよ」と当時を振り返ります。

MOLTAさん。西日本エリアで中古の1棟RCを中心に6棟132室を所有する投資家

一方、楽待では、事前に属性情報(年収や保有物件数など)、欲しい物件情報をニーズとして楽待に登録しておくことができます。不動産会社はその情報をもとに購入できる物件をユーザーに提案しています。

「100%希望に合致している物件を紹介してもらえるわけではないですが、検討の土台に上がる物件が増えることは助かります。本業であまり時間が確保できない人にとって、効率化ツールとしては十分活用できるでしょう」(MOLTAさん)

閉鎖的なエリア開拓の糸口にも

愛知県を中心に12棟195室を所有する安藤新之助さんは、不動産会社の新規開拓で役に立つ場面が多かったと振り返ります。

「本来、こちらから不動産会社に飛び込んでいく必要があるところ、さまざまな不動産会社に好意的に接してもらえる点にメリットを感じる」と話します。

例えば、地縁のない新しいエリアを開拓する際は、提案サービスが糸口になることもあるそうです。「昔の名残から閉鎖的な文化を持つ京都は、紹介なしでは開拓しにくく難易度が高いと言われています。金融機関は京都銀行や京都中央信用金庫が市場を独占しており、都市銀行も進出に苦戦するほどです」(安藤さん)

安藤新之助さん。愛知県を中心に12棟195室を所有する投資家

しかし、提案サービスで京都の不動産会社から物件を紹介されたことをきっかけに、エリア開拓につながったと言います。

「提案してくれた不動産会社とは親密な関係になり、京都の物件購入に向けて追い風になりました。それを契機に継続的な情報を提供してもらえるようになったこともよかったです」と話します。

信頼関係を構築するための強い味方

不動産会社にとって物件情報は商品そのものであるため、安易に提供できるものではありません。新規開拓で不動産会社に飛び込みで訪問しても、信頼してもらえず怪訝な目で見られ、思うように取引できなかったという経験をした方も多いことでしょう。

「不動産会社の立場で考えれば、素性を知らない初対面の投資家に、貴重な物件情報を提供するには抵抗感を感じてしまう気持ちも理解できます」と安藤さん。

「しかし、楽待は投資家と不動産会社ともに、審査された情報を提供しているため、お互いに安心してやり取りをすることができる」と語ります。

楽待の機能では、審査を通過した会員に「本人証明」と「収入証明」のマークを付与しています。

本人証明とは、運転免許証や健康保険証など、本人であることが確認できた場合に付与します。また、収入証明は、源泉徴収票や確定申告書の写しをもとに、本人の収入が正確であることを確認できた場合に付与しています。

提出された本人証明、収入証明の書類審査を行います。問題ない場合は、不動産会社が閲覧する画面で専用のマークを付与しています

不動産会社から見れば、これらの情報をきちんと確認できる投資家は信頼することができ、安心して物件情報を提供することができます。

「物件を購入できる属性であることを理解の上、提案してもらえます。相手も期待感をもって連絡をくれるので、非常に親切に対応してもらえます。明らかに期待感をもって対応してくれる印象です。飛び込みの時の比べて、そもそも声のトーンから違いを感じますよね」と安藤さんは話します。

また、購入判断に必要な資料などもスムーズに提供してもらえるため、提案を受けてから購入判断までをスピーディーに実施することができるそうです。

「楽待会員30万人突破 ありがとうキャンペーン」
今なら「ニーズ登録」すれば
抽選で300名様Amazonギフト券1000円分プレゼント
詳しくはこちら!

ニーズ登録をして、あとは提案を待つだけ

本業で忙しい人にこそお勧めしたい提案サービスは、「ニーズ登録」を行うだけで利用することができます。

■提案サービス 利用方法
1、楽待に会員登録、またはログイン
2、基本情報を登録
3、ニーズ登録画面に移動
4、「新規登録」を選択して、必須事項を中心に入力
5、「登録」ボタンを押して、登録完了(複数ニーズ登録可能)
6、提案された物件に対して、「問合せ」もしくは「お断り」を選択

「時には、登録しているニーズに合致しない物件が提案されることもありますが、そういった提案も無下にはせず、丁寧にお断りをしています」と語る安藤さん。「誠実な対応をすることで、次は良い物件を提案してほしいと期待をもって接しています」と話します。

「情報収集だけのツールとして活用するのはもったいない。距離感を徐々に縮めていくツールとして前向きな姿勢で使っていくことで、投資家も不動産会社もWin-Winになるのではないでしょうか」(安藤さん)

ベテラン投資家も実際に活用している提案サービス。今ならニーズ登録をすれば、抽選で300名様にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする「ありがとうキャンペーン」を実施しています。詳細はこちらからご覧ください。

(楽待広報部)