「私の1棟目」と題し、先輩大家の「物件購入」初体験について聞くインタビュー企画。今回は、築古物件を中心に5棟13戸を所有し、楽待のコラムニストとしても活躍するサラリーマン不動産投資家、「たけ」さんに話を聞いた。

不動産投資歴6年のたけさんが初めて買った物件や、今だから明かせる失敗談、今後の目標について語ってもらった。

「人生終わった」と思った20代前半

福岡県内に5棟13戸を所有、現在年間で約700万円の家賃収入を得ているたけさん。いまでこそ会社員の給料に加えて家賃収入も得られるようになったが、不動産投資を始める前は「落ちこぼれ状態だった」という。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする