PHOTO:koni-film / PIXTA

「仕事の合間を縫ってたくさんの物件を見ているのに、なかなか良い物件に出会えない」「良さそうな物件を見つけても、検討しているうちに販売が終了している」―。

会社員として働きながら不動産投資に挑戦する方にとって、欲しい条件に合う物件情報を得られる機会は貴重でしょう。

そんな悩みを持つ方にお勧めなのが、「新着物件お知らせメール」という楽待の機能です。希望の条件を楽待に事前登録しておくだけで、条件に合致した物件が掲載されるとお知らせが届きます。

では、「新着物件お知らせメール」を活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。実際に機能を活用している投資家3名に話を聞いてみました。中には、この機能で入手した物件情報から、2戸購入できた方もいました。

楽待会員30万人突破 ありがとうキャンペーン
今なら「ニーズ登録」すれば
抽選で300名様Amazonギフト券1000円分プレゼント
※応募期間は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

受け取ったお知らせから区分を2戸購入

「新着物件お知らせメール」とは、希望に合った物件の情報にいち早くアクセスできる楽待の機能です。事前に希望の物件条件である「ニーズ」を登録しておくことで利用できます。

登録したニーズに合致する物件情報が楽待に掲載されると、物件情報がメールで届きます。自ら検索せずとも、自動的に目線に合う物件情報が手元に届き、いち早く物件情報にアクセスすることができます。

ニーズ登録の例。ニーズ登録とは、希望する物件条件を楽待に登録できる機能のこと。エリアや物件価格、物件種別、表面利回りなど、どのような物件を探しているのかを楽待上に登録しておくことができます

実際に、「新着物件お知らせメール」で知った物件情報にいち早く問合せを行い、物件を購入できた投資家もいます。今回は、区分マンションを2戸購入できたという実践大家コラムニストの強制脱サラ大家さんに話を聞きました。

 強制脱サラ大家さん
 投資歴:8年
 投資エリア:東京、埼玉、札幌、福岡、大阪
 年間家賃収入:約700万円
 保有物件:1棟14室

強制脱サラ大家さんは、北海道札幌市にあるオーナーチェンジの区分マンションを2016年に購入。もともと良さそうな物件だと狙いを定めて、売りに出されるのを待っていた物件でした。

「周辺相場や近隣状況を既に下調べしていました。たまたま新着物件お知らせメールで情報が届いて、考えていた条件に合致していたのですぐに購入を決めました。その日のうちに買い付け証明書を送り、翌日に札幌まで飛んで行って現地で契約をしました」。

物件価格は約140万円。家賃は4万円で、実質利回り25%以上の物件です。「家賃が相場よりも高い。さらに最寄りの地下鉄駅まで徒歩1分の好立地物件でした。条件が良かったので、間違いなく取り合いになると思いました」。

北海道札幌市の風景(PHOTO:まちゃー / PIXTA)

一般的に、先に買い付けを入れた順番で購入の交渉権を得ることができます。条件が良い人気な物件の場合、掲載を始めた日のうちに何件もの買い付けが入り、購入希望者の行列ができることもざらです。

「最近は不動産投資を始めるプレイヤーがとても増えている印象です。買い付けを入れるのが遅くなってしまうと、他の人に先を越されてしまうことが非常に多い。投資家にとって、物件情報をいかに早く入手できるかは何よりも大事です。その点、新着物件お知らせメールは条件に合致する物件にすぐアクセスできます。今回の物件を購入できたのも、この機能のおかげですね」(強制脱サラ大家さん)

そして2戸目は、東京都練馬区の区分マンション。2020年4月に購入しました。

「新着物件お知らせメールで届いた物件でしたが、価格が800万円ほどで、私が考える購入基準よりも約200万円高かったので購入は見送りました。ただ、物件自体は良かったので、すぐ諦めるにはもったいなく、値下げされることを祈ってお気に入り登録だけはしておきました」。

それからほどなく、値下げを知らせる機能「値下げ物件お知らせメール」が届き、約600万円で再販売されることを知った強制脱サラ大家さん。

「何度も不動産会社に電話しましたが、担当者が全く捕まりませんでした。とにかく購入したかったので、とりあえず買い付け証明書を送ってしまいました。私より前に買い付けが入っていたようですが、複数物件の運営をしているという理由から、優先的に話を進めてもらえました」。

物件価格約600万円で表面利回り10.1%、都営大江戸線の駅から徒歩5分。築30年、約25平米の区分マンションを現金一括で購入したそうです。

「この物件の良かったところは、将来性です。家賃相場が約6万円に対して、現在の家賃が5万3000円と相場よりもやや安めで貸し出されています。たとえ退去になったとしても家賃を上げることができるので、利回りアップの可能性があります」。

「新着物件お知らせメール」で届いた物件情報が多少割高だったとしても、「諦めるには早い」と強制脱サラ大家さん。「お気に入り物件に登録しておくことで、まだ購入できるチャンスがあるかもしれませんね」と話します。

半強制的に、不動産投資に関わる環境構築を

「本業が忙しく、徐々に不動産投資から離れていってしまう人もいますが、そういう自分に喝を入れて奮い立たせるために活用している人もいます」と話すのは、実践大家コラムニストの北国の大家さんです。

 北国の大家さん
 投資歴:2年10カ月
 投資エリア:北海道札幌市など
 年間家賃収入:約4000万円
 保有物件:5棟51室

会社員として働いている人にとって、限られた時間の中で物件を探すことはなかなか困難です。本業が忙しくなると、不動産投資に割く時間が減り、少しずつ遠のいてしまう人もいるのではないでしょうか。

「新着物件お知らせメール」は、ニーズを登録しておけば自動的に物件情報が手元に届きます。「言わば半強制的に情報が届くので、メールを見ることを習慣化すれば、不動産投資に関わる時間を無理やり創り出すことができます」と北国の大家さんは言います。

「私は専業で大家業をしていますが、所有物件で設備の故障などの大きな問題が発生し、集中的に修繕に取り組む必要があるときがあります。打ち合わせや現地訪問などで全力投球している時も、メールで物件情報を見ることで『こんな物件探してたんだった』と物件購入に頭を切り替えることができます」。

「本業でトラブルが発生してしまった」「不動産投資をしたいけど、本業も楽しいので時間を削りたくない」。そういった人ほど、「新着物件お知らせメールを使えば、自動的に情報が入り込んでくる環境を構築できるので、役立ててほしい」と北国の大家さんは話します。

まるで「1000本ノック」のような機能

「条件にある程度当てはまる多種多様な物件の情報が届くことは大きなメリット」と話すのは、実践大家コラムニストの築古大家のコージーさんです。

 築古大家のコージーさん
 投資歴:9年
 投資エリア:京都府
 年間家賃収入:約4000万円
 保有物件:8棟83室

物件検索では得られない多様な物件情報を入手できることもメリットと話すコージーさん。「新着物件お知らせメールで知らない物件に出会うと、その周辺相場や近隣状況を調べています。これまで知らなかった有益な情報を得る機会にもなり、購入判断の新しい材料になることが多い」と言います。

「事前により多くの判断材料を持っていることが鍵になる」と語るコージーさん。「とにかく物件購入はスピードが大事です。事前にエリアの特徴や家賃相場を知っておくアドバンテージは大きい。ある程度情報が揃っている状態であれば、あとは販売価格を見て感覚的に購入可否の判断ができます。ただ、相当訓練する必要はありますが」。

訓練の手段として、「新着物件お知らせメール」は役に立つと言います。「1000本ノックのように物件情報が自動的に届きます。エリア特性や詳細情報を見ながら、まずは購入して問題ない物件かどうかを予想。実際に調査を行い、その判断が合っていたかの確認をする。この訓練を昔から繰り返し行っていたおかげで、物件を見極める目は養われたと思います」(コージーさん)

特にコージーさんは、「キャッシュフローが独自の基準を超えるか」「客付けに問題のないエリアか」の2点を重点的に確認していると言います。

「大前提として、きちんと利益の出る物件かどうかはシミュレーションを行い、必ず確認します。私の場合は、物件価格に対して年間キャッシュフローが最低4%を超えることが基準」と話します。

例えば、5000万円の物件の場合、借り入れの返済や管理費などの諸経費、空室や広告費などを加味して、最終的な手残りが200万円以上であることを最低条件に設定しているということです。

また、賃貸需要のあるエリアかどうかも重視しているそうです。「物件を購入する時は、たとえ売却できなくてもその物件と心中してもいいくらいの覚悟で購入しています」と話すコージーさん。

賃貸需要のあるエリアであれば、売却できずに保有し続けても毎月の家賃収入は必ず入ってきます。「ただ、同じエリアに類似の物件が乱立している、家賃相場がすでに崩れてしまっているような物件には決して手は出しません」と明確な線引きもしているようです。

楽待会員30万人突破 ありがとうキャンペーン
今なら「ニーズ登録」すれば
抽選で300名様Amazonギフト券1000円分プレゼント
※応募期間は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

まずはニーズ登録、メールの確認を習慣化しよう

「良い物件を見つけても、すぐ販売終了になってしまう」。こんな悩みを持つ方にお勧めしたい「新着物件お知らせメール」は、「ニーズ登録」をすることですぐに利用できます。

■新着物件お知らせメール 利用方法

1、楽待に会員登録、またはログイン
2、基本情報を登録
3、ニーズ登録画面に移動
4、「新規登録」を選択して、必須事項を中心に入力
5、「登録」ボタンを押して、登録完了(複数ニーズ登録可能)
6、メール受信設定「新着物件お知らせメール」で、設定を確認

メール受信設定で「すぐにお知らせ」を選択しておくと、条件に合致する物件が楽待に新規掲載されると同時にお知らせが届きます。いち早く物件情報を確認でき、競争相手よりも少しでも早いタイミングで購入判断ができます。

もしくは、一度にすべての物件情報を受け取りたい方は、「まとめてお知らせ(1日1回)」を選択しておきましょう。毎朝7時に一括で物件情報を受け取ることができます。

「この機能を使ってから、良い物件に出会える確度が上がった」と話す北国の大家さん。「購入はスピード勝負なので、私はすぐにメールが届く設定にしています。たまにお風呂に入る直前に良さそうな物件情報が来てしまい、お風呂場の前で物件情報を確認することもあります(笑)」。

一方で、「その時々で購入目線は変わるので、定期的に登録したニーズを見直すことも重要。条件を変更した途端に、ピッタリな物件が届くこともある」と言います。

最近、欲しい物件情報とは少しずれた物件が届いている方は、一度登録しているニーズの条件を見直してみるといいかもしれません。

先輩投資家も活用して、物件購入につなげている「新着物件お知らせメール」。条件の良い物件ほど、いかに早く物件情報を入手できるかが購入の鍵になります。機能を活用して、効率的に不動産投資を進めていきましょう。

さらに、今ならニーズ登録をすれば、抽選で300名様にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする「ありがとうキャンペーン」を実施しています。詳細はこちらからご覧ください。

(楽待広報部)