PHOTO:wolfdale/PIXTA

最低でも1室1泊5万円前後の宿泊料がかかる、外資系ラグジュアリーブランドホテル(外資系最高級ホテル)。こうしたホテルが、日本全国で続々と誕生している。

例えば京都では、2014年に「ザ・リッツ・カールトン京都」が開業して以降、「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」(2015年)、「フォーシーズンズホテルアンドレジデンス京都」(2016年)、「パークハイアット京都」(2019年)、「アマン京都」(2019年)と、インバウンドに比例するように増加していった。

コロナ以降もこの流れに変化はなく、2021年3月には「フォションホテル京都」が開業、2021年9月には「ROKU KYOTO, LXRホテルズ&リゾート」が開業している。

なぜ、コロナ下にも関わらず、こうした外資系最高級ホテルの新規開業が続いているのか。今回はその背景を考えていく。

東京、京都をはじめ、福岡、札幌でも

冒頭で述べたように、京都ではコロナ以降も外資系最高級ホテルの開業が相次いだ。そしてコロナ後のインバウンド需要回復を見越し、この先も「デュシタニ京都」(2023年予定)、「京都東山SIX SENSES」(2024年予定)、「京都東山バイヤンツリー」(2024年予定)、「シャングリ・ラ京都二条城」(2024年予定)など開業ラッシュを控える。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする