みなさんこんにちは。MOLTAこと盛太志(もるた・しるす)です。この連載は、初心者の方のための不動産実践講座です。

前回の記事では、金融機関へのアプローチ(前編)として、不動産賃貸業を始めるうえで重要なパートナーとなる「金融機関」について、その種別や特徴をお話しさせていただきました。 

今回は後編です。「具体的な金融機関への訪問の進め方A toZ!」についてお伝えさせていただきます。

不動産投資のスタイルはさまざまありますが、融資を引くことで物件を買い進める手法は、もっともポピュラーであるとともに、事業規模を加速度的に成長させることができるアプローチの1つです。

「融資を制する者は、不動産を制する」

ある意味、こう言っても過言ではないでしょう。今回は、その融資を受けるために、金融機関とどのようにお付き合いを始めていくか? という点をマスターしていただきたいと思います。

連載ラインアップ(予定)

第1回:まずは自己紹介 ~不動産って素晴らしい~!
第2回:自分に合った「ビジョン」の確立と、その実現計画の策定~MOLTA流不動産5W1H~
第3回:「金融機関」へのアプローチ法(前編) ~3ステップで分かる! 絶対に知っておくべき金融期間の基礎知識~
第4回:「金融機関」へのアプローチ法(後編) 
第5回:目利き力を養え!物件情報の収集と選定メソッド
第6回:「収支シミュレーション」の考え方
第7回:「売買契約・決済」の取り組み方、事前準備
第8回:「管理会社」とのコミュニケーション術
第9回:どう切り抜ける? 「トラブル」対応テクニック
第10回:次を目指したい! 「2棟目」融資アプローチ
第11回:税理士任せにしない! 「決算書」を良くするノウハウ
第12回:判断のポイントは? 「物件売却」に必要なこと
第13回:専業か? 兼業か? スタンスの決め方
第14回:不動産賃貸業の「魅力」と「リスク 」  

そもそも金融機関へのアプローチのプロセスは、以下の3ステップに分けられます。


Step1
訪問先の金融機関を絞り込む

Step2
紹介してくれる人を探す、もしくは飛び込みで行く!と腹を括る

Step3
アポ取りをする


以降では、この3つのステップに沿ってお話していきましょう。

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする