PHOTO:うぃき / PIXTA

私は家賃保証会社の元・管理(回収)担当者。十数年働いて今年(2024年)、辞めた。

2022年時点で、全国には247社の家賃債務保証業者(以後、家賃保証会社と書く。理由は「家賃債務保証業者」なんて言葉を使っている人を知らないから)があったそうだ。

本当にそんなにたくさんあるのか知らないが、2023年4月26日に国土交通大臣がそう発言していたから、そうなのだろう。

以前にも書いたが、契約者が孤独死した、逮捕された、債務整理が始まった……。そんな時、家賃保証会社の社員が「何をどこまで対応するか」は、各社バラバラだ。すべての家賃保証会社のことなど、私は知らない。それを語れる人間も知らない。

意外なことに、バラバラなのは家賃保証会社だけではない。生活保護を担当する役所の対応もバラバラなのだ。今回はそういうお話。

強調しておくが、私は生活保護制度には全く反対してない。特にシングルマザーに関しては根本的に不足していると考えている。

家賃を払えない生活保護受給者

すごく大雑把に言えば、生活保護費は生活扶助(生活費)と住宅扶助(家賃)に分けられる。

住宅扶助が支給されている生活保護受給者であれば本来、家賃の延滞というのは発生しないはずだ(家賃の支払日と保護費支給日にズレがあるので数日間は延滞するだろうが)。

しかし、生活保護受給者の家賃滞納は非常に多い。

理由は「カネを落とした」とか「生活費や親族の医療費に使った」「滞納している光熱費を支払った」「借金の返済に使った」「知人に貸した」などさまざまだ。

これら全てが嘘とは言わないが、全てが本当でもないだろう。

最低限の生活をするために支給されているカネを「知人に貸した」は噴飯モノだが実際のところ、家賃滞納の理由として「カネを落とした」は非常に多い。

支給日に福祉事務所の周辺を散歩すれば一財産築けるのではないか――。それほどに、彼らはカネを落とす。

ドラクエのモンスターでも、倒してやっとゴールドをドロップする。延滞客は勇者に遭遇したわけでもないのにカネばっかり落としているのだから、本当に不思議である。

PHOTO:genzoh / PIXTA

生活保護費の支給には振込と手渡しがある。最初は手渡しで以後は振込になる場合が多いとは思うが、ずっと手渡しの人もいる。なぜか?

「1カ月に1度くらい顔を見ておかないと」……連絡が取りづらかったりお金を目的外に使用しそうだったり、そういう相手には手渡し支給にしていると、ある職員は言っていた。

私も、生活保護費が振込支給されていて、かつ家賃を延滞し、連絡も取れない──そんな入居者には、福祉事務所の職員に「手渡し支給」に変えてもらって保護費支給日に役所で待つ、なんてこともしていた。

もっとも2020年以降は、担当する延滞客の数が多くなりすぎてそういうこともあまりやってられなくなった。延滞客が増えたと言うことは、家賃保証会社が世間に認知され、利用者が増えた結果ではあるのだろう。

「協力的」な職員と、そうでない職員

ところで、家賃保証会社の管理(回収)担当者にとって、生活保護担当部署──福祉事務所(名称は地域によって違いがある)の職員は概ね3パターンに分類される。

・非常に協力的(2割)
・話はしてくれるがそれだけ(5割)
・何も話してくれない(3割)

まず、福祉事務所によって、家賃保証会社への対応は極端に異なる。入居者が生活保護を受給しているかどうかは、契約時に書面や通知等のコピーを取得し確認している。でなければ審査できない。

場合によっては、契約書の緊急連絡先欄に福祉事務所や生活保護受給をサポートしたNPO法人の名前が書いてあるものもある。

ところが、いざ延滞が発生して福祉事務所に問い合わせると、受給の有無すら回答を拒否される場合も多い。

「延滞客と連絡が取れないから、家賃保証会社に電話するように本人に伝えてくれ」と職員に言っても「受給者かどうかも回答できません」といった風に。入居後に生活保護受給者となった場合ももちろん同じだ。

とはいえ、これも職員によって、それも性別や年齢でかなり異なる。最も協力的なのは若い女性職員だ。

ここでいう「協力的」というのは、「払わなければならないものは払わなければならないよね」という現実的なスタンスであることだ。

住宅扶助を受給しているのに家賃を滞納している人間への指導を積極的に行ってくれたり、管理(回収)担当者も交えた面談などの場をセッティングしてくれたり──これを「協力的」と私は表現している。

PHOTO:nonpii / PIXTA

このタイプは前述したように女性、しかも若い方に多い。加えるなら美人になればなるほど「払わなければならないものは払わなければならない」という思考をしている。してくださる。なぜかわからないが、私の経験上、そうなのだ。

この「美人」というのは当然に私の主観だ。しかし本当に、ナイトプールにいそうな美人だったりするのである。もっとも、私はナイトプールに行ったことがない。実在するのかも知らないのだが。

逆に最も非協力的なのは──住宅扶助を他のことに使っていても仕方ない、お前ら(さらに言えば、家主にすら)には何にも言わねえ、答えねえ……いわゆる「左巻き」とでも表現すればいいのだろうか。中年男性に多い。

彼らは、言い換えるなら「事なかれ主義」なのだ。受給者が家賃を延滞していようが知らないふりして、ただ支給だけを続ければ、仕事としては一番楽だろう。私も福祉事務所の職員だったらそうするかもしれない。楽そうだから。

彼らは家賃保証会社の管理(回収)担当者にとっては最も「役立たず」である。強調しておくが中年男性に多いというのは、私の経験に過ぎない。裏付けるデータは存在しない。だけれども、(私も中年男性だが)たぶん、間違っていない。

家賃回収には「使いづらい」代理納付制度

「代理納付」という制度が存在する。ご存じの方も多いだろうが誤解されている方もたまにいるので、少し書かせていただきたい。

代理納付は、福祉事務所から直接に家主や不動産会社、場合によっては家賃保証会社に家賃を振り込む制度だ。

何が誤解かといえば、この代理納付というのは、生活保護受給者の同意、もしくは「代理納付にしてください」という本人の希望がなければ、まずしてくれないということだ。その時点で家賃の延滞があったとしても、である。

加えて、代理納付の対象が「家賃」だけなのか、「家賃+共益費」なのかも、福祉事務所次第である。

ここで「?」と思う方がいるかもしれない。

厚生労働省の代理納付に関する通知には、「家賃も共益費も」代理納付が可能であることが明記されている。そして、代理納付の実施に受給者の同意は必要ないことも、その通知から読み取れる。

だが、実際には全くそうはなっていない。少なくとも家賃保証会社の管理(回収)担当者にとっては。なぜそうなっていないのか、理由は知らない。

ちなみに6年ほど前に、ある福祉事務所の職員から「共益費の代理納付はうちのシステム的に無理なんです。システムに共益費を入力する所がないんです」と言われたことがある。

本当かよ? と思ったが──あまり関わったことのない田舎の福祉事務所だったので、そういうこともあるのかな、とだけ思った。

PHOTO:ましゃいこ / PIXTA

話を戻そう。

住宅扶助の対象は、上限は当然あるが「家賃」である。共益費や管理費は含まれない。

そして代理納付が対応するのは、建前上はさておき「家賃」だけであるケースが多い。共益費や管理費は絶対ではない。

決済手数料や水光熱費(毎月固定額で家賃と一緒に支払う契約であっても)は、代理納付ではまず対応してくれない。

話が再び横に逸れるが、例えば家賃5万円+共益費2000円の物件があったとして、生活保護受給者が契約する場合は、その構成を変更する場合がある。家賃5万2000円+共益費0円という風に。

そうすれば住宅扶助5万2000円が支給され、代理納付の対象となるからだ(保護受給者の負担も減らせる)。

代理納付という全国一律のはずのシステムですら、個々の福祉事務所によって対応が違う。

生活保護受給者が家賃を滞納した場合、代理納付の利用は正常なサイクルに戻すための有効なツールではある。ただ、家賃保証会社の管理(回収)担当者にとっては、かなり使いづらいものでもあるのだ。

延滞客に口頭で「福祉事務所の担当者に、代理納付したいと言ってくれ」と依頼したとして、それが実行される割合は一体どれほどだろうか。延滞客の部屋に訪問し、福祉事務所に同行する、という方法もなくはないが、なかなかそんな時間は取れない。

代理納付について、契約者のサインが必要な場合もある。福祉事務所から書面をもらって延滞客に送ったはいいが、その後音沙汰無し――ということにもなりがちである。

PHOTO:genzoh / PIXTA

そして、家賃保証会社の管理(回収)担当者にとって代理納付が使いづらいもう1つの大きな理由が、担当者は数字、ノルマを持っているという点である。

代理納付はすぐに実行されるわけではないし、実行されたとしても過去の延滞分を生活保護費から「天引き」してくれるわけではない。つまり、延滞状態を解消させるには、延滞客から追加で支払ってもらわねばならない。

面倒な延滞客だと、代理納付の手続きをした時点で「あとは役所に言ってくれ」などと言い出す。役所はアンタの秘書じゃないんだ何様なんだよ、と言いたい。

まあ、あまりはっきりとは書きづらいが「だったらもう少し延滞してもらって、退去の方向に話を進めた方が良いかも」と考えてしまうこともあるくらいには、面倒だったりするのだ。

単月ならともかく、半年や1年のスパンで見た場合、退去してもらった方が管理(回収)担当者の数字には益することも多い。

以前に楽待の動画でも話したが、管理(回収)担当者は数字が悪いと辛く悲しい目に合うのである。うつ病になったり夜泣きしたりするのである。

いったい、福祉事務所というのは誰のために仕事をしているのだろう? と思うこともある。

家賃保証会社の管理(回収)担当者風情が偉そうに……と言われれば全くその通り。だが、そう思うことがそれなりの頻度であったのだ。