「これが、当たり前なんですよ。これが高齢者が、独りで死ぬ(=孤独死)ってことなんです」そう呟くのは、千葉県で遺品整理業を営む『フェイス株式会社』の稲山修代表。
とはいえ、目の前に積み上げられた膨大なゴミ袋の山には、しばし呆然とするしかありませんでした。
ここに住んでいた故人は、現役時代は一部上場企業幹部。
バリバリのキャリア人生を歩んできた故人ですら、死に際はこんな大量のゴミに囲まれていたことを考えると、「どうして……」という言葉が頭を駆け巡らざるを得ませんでした。

孤独死

汚れきった冷蔵庫。溜め込んでも消費できないためこのように食材が傷んでいく

※衝撃的な画像のためモザイクをかけております。
クリックすると外れますが閲覧は自己責任でお願いします。

知られざる「孤独死」の実態とは?

「高齢になり、足腰が立たなくなれば、若い世代が少しの労力で済むことも、本当に大変になります。買い物に行くのが億劫になれば、食材を溜め込む。
食が細くなれば、それが傷んでいきます。ゴミ出しも大きな労力ですから、自然と部屋の中にゴミが溜められていく。当然のことです。
だから僕は遺品整理の際、ご遺族に必ず言うようにしているんです。
こんなにゴミまみれにして!と、故人を責めないで欲しい。
これが独りで亡くなる高齢者の、当たり前の姿なんです」と稲山氏は言います。

切ない話ではありますが、アパートやマンションの賃貸大家にとっては、孤独死は現実的に大きなリスクです。
風評被害はもとより、発見が遅れた場合に遺体から染み出る体液や臭気によって汚染される室内。
築古物件を安い賃料で経営している場合などは、清掃費用だけで年間賃料を上回ってしまうこともあるでしょうし、汚染の進行具合によっては物件そのものの継続使用が難しくなる、または建て替えてしまったほうがマシということにもなりかねません。

残された膨大なゴミと遺品。
そして遺族とのトラブル。
果たして賃貸大家はこのリスクにどのように備えるべきなのでしょうか。
知られざる業界の内幕を覗きました。

孤独死

「ゴミ」と「生活用品」が混じった状態で、いたるところに散乱している

静岡県清水市に拠点を置き、全国展開する『株式会社リスクベネフィット』は、発見の遅れた孤独死などを多く手がける特殊清掃・遺品整理の専門業者です。

代表の惟村徹さんは、こう言います。
「賃貸大家さんにとって、確かに孤独死は脅威でしょう。遺族が料金の支払いをしてくれないこともあります。
かといって、管理会社の清掃事業部などが特殊清掃をやれるかといったら、ほぼ無理と考えていい。
逆に当社も大手の管理会社さんから作業依頼を請けるほうですが…」

まず、大手の管理会社に任せているから孤独死や特殊清掃が発生しても大丈夫だという考え方は、捨てたほうがよさそうです。
「例えば夏場で熱中症などによる孤独死と特殊清掃が増える時期になると、ほとんどの特殊清掃業者は手が回らずにたらい回しにされるということが往々にして起きます。

加えて管理会社の場合、ハウスクリーニングならA社、クロスやボードの張替えならB社といったように、絡みのある協力業者を使いたがるため、なかなか話が進まず、作業の着手、終了までに非常に時間がかかってしまいます。
実はこれが特殊清掃の世界では、想像以上に大きなデメリットなんです」そのデメリットとは、「汚染の進行」です。

例えば夏場の場合、死亡の翌日には腐敗が始まり、特殊清掃が必要になります。
たとえ遺体を早めに処置できたとしても、染み出た体液や臭気は急速に建物を汚染するため、死亡翌日に発見し清掃を入れた場合と一週間後に作業開始では、費用は数十万円単位で跳ね上がることになります。

「タイムラグがあるだけ、料金が上がっていきます。
人によってご遺体の臭気は違いますし、持病があって薬を飲んでいた方なら一層臭気が取りづらい。間取りによっても汚染の進行は変わります。
ご遺体の傷みは、26℃~28℃ぐらいを境目に、それ以上ですと急速に進行しますし、前日に雨が降って蒸していると、翌日でアウト。

夏場の二日は冬場の二週間より性質が悪いと考えてください。
体液が下に回って一階の天井から降ってくるというような最悪の事態になると、基礎から打ち変え、つまり建て替えたほうがいいという話にもなってしまいます