pic_201400117_01

近い将来にセミリタイアを果たすべく、不動産投資を本格的に拡大したい。
そのための物件の選び方は? 不動産購入はキャッシュ?それともローン?
20代の宮本さんの夢に対して石原さんが実体験からアドバイス!

はじめに

現在個人事業主として外資系の金融関係の仕事を行っている宮本さん。
大学時代に知り合った奥様と若くして結婚し、20代ですでに子どもが二人!今回は「石原博光のお悩み相談室」始まって以来、下のお子さんも一緒にご家族での対談参加となりました!奥様の実家で同居生活をしながら、堅実に貯蓄を増やし、自己資金は1200万円。

昨年戸建を購入して不動産投資をスタート! 40歳を過ぎたらセミリタイアを実現すべく不動産投資を本格的に拡大したいとか。
地方の中古を狙いたいが物件選びのポイントは?キャッシュで購入するのがいいのか?
それともローンで物件数を増やすべきか?石原さんのアドバイスとは!?

pic_20131225_02
お名前
宮本聡史(仮名)
性別
男性
自己資金
1200万円 ご年収
約500万円
家族 奥様と子供2人 世帯年収 800万円
ご職業
個人事業主
居住地
千葉県
不動産投資経験
勉強開始から3年、物件所有から約半年
所有物件 一戸建て(千葉県)、600万円キャッシュで購入
家賃6万8000円
ご自宅 奥様の実家

相談者のお悩み

地方の物件で入居者に選んでもらえる秘訣は? 地方の物件を購入する際に絶対に避けるべき点は? 戸建てをキャッシュで数棟購入し、軌道に乗ったらアパートローンを借りてさらに増やすという手法は間違っていないか?石原先生がローンを組むとしたらどんな金融機関がよいのか? など、様々な疑問・質問がたくさんあり、それらを一つ一つ解決する対談となりました。

石原氏からのアドバイス(ダイジェスト)

○地方物件に投資する際、入居者に選ばれる物件とは?
⇒その地域の競合物件より頭一つ抜きんでることが大事!壁紙のセンスや募集条件の工夫(フリーレントなど)などで差別化を!

○地方物件を購入する際、これだけは避けるべきというNG物件は?
⇒基礎に大きなクラック(亀裂)がある物件、
日当たりが悪い物件、 間取りが20㎡に満たない狭小物件はNG。

○最初の数棟はキャッシュで、その後軌道に乗ったらローンを組んで購入するという考えは正しい!?
⇒不動産投資はある程度の戸数を確保して初めて旨みがある。
最初にローンを組んででも物件を確保するというのが私のやり方。

○ローンを組むならどんな金融機関がよいか?
⇒やはり公庫がおススメ!何より固定かつ低金利で借りられることが魅力!!

○不動産投資に対して不安のある妻を説得し、理解してもらうには?
⇒自分のやり方をゴリ押しせずバランスを取ること。
少しでも条件の良い物件を手に入れて、論より証拠で説得すること。