pic07

妻が夫に暴力をふるう逆DV(本来は妻の暴力であってもドメスティック・バイオレンス、すなわちDVであるが、便宜上この通称を使用)が、近年問題となっている。内閣府が行った「男女間における暴力に関する調査」の「配偶者からのDV被害」では、申告者数681人の中で女性が462人、男性が219人との結果が出ており、その深刻さが明るみになった。もちろん夫からの暴力のほうが多く、妻の暴力は30%程度ではあるが、家庭内暴力という言葉のイメージから、この現状に驚かれた方も多いのではないだろうか?

また逆DVのみならず、妻による家庭内いじめに対する報告も少なくない。昨年のニュースであるが、妻に大けがを追わせた男の懲役が、そもそもの「妻による家庭内いじめ」が原因として、通常の殺人未遂より軽くなったと報じられた。ちなみにこの男性は日常的に「くさい」などとなじられていたようだ。

では、妻から夫がいじめられるという状況は、なにがきっかけで始まってしまうのだろうか? かつて実際に家庭内いじめにあっていたという男性Y氏から、詳しい内容をうかがった。

ーー新婚時代から、いじめはありましたか?

「妻と出会ったのは合コンで、4年ほどつきあって結婚しました。お互い同じ年齢で、32歳でした。新婚当時は、いじめと呼べるものはなかったと思います。一般的な新婚夫婦でした

ーーでは、家庭内いじめが始まったのはいつ頃ですか?

「結婚して2年ほど経ったころにリストラされまして、会社が変わったのですが、その翌年くらいからです。リストラにあったのは長女が生まれた年でもあり、何かとバタバタしていたので、いじめもありませんでした。しかし翌年から、いじめのようなものが始まりました。例えば、定時に帰っても晩ご飯は用意されていません。米だけは炊いてあったので、自分で冷凍食品を解凍して食べていました。あと私物を勝手に捨てられました。ゲーム、CD、フィギュアなんかは最初に捨てられました。その内、まだ着られる洋服や会社の書類なんかも捨てられました。ですので大切なものは、実家や会社のロッカーで保管していました」

ーー話し合ったりはしなかったのですか?

「話し合いにならないんです。最初の頃は〝だって不味そうに食べるから〟とか〝だって邪魔だったから〟と、言い訳をしていたんですけど、そのうち無視されるようになりました。しつこく言うと〝文句あるなら帰ってくるな〟です。さらに問いつめると娘を連れて自分の実家に帰ります」

ーーどれくらい結婚生活を送ったのですか?

「およそ8年です。娘の成長をきっかけに、付き合っている頃や新婚の頃に戻ってくれることだけを願っていました。しかし娘が成長するとともに、いじめはひどくなりました。例えば、妻が起きている時にシャワーを浴びると〝ガス代がかかる〟とガスを止められます。ご飯も、米さえも炊かなくなりました。小遣いは1万5千円しか与えられず、普段の生活費でなくなってしまうので、追加するように訴えると、毎回5千円を投げ捨てられました。ですので田舎の親に、毎月3万円を工面してもらっていました

ーー離婚を決意したのは、どんな時ですか?

半年以上まともに会話していないことに気づいた時です。またある日、私が帰宅すると〝こいつ、帰らなくていいのにね〟って妻が娘に言ったんです。すると娘が無言でうなづきまして。それを見た時に、やっと離婚を決意しました」

ーーところで、いじめは何が原因だと思いますか?

「原因はリストラにあって収入が減ったことだと思います。以前の会社は業界内ではそこそこ有名はIT企業で、30代前半で500万円程度の年収がありました。しかし、今もIT企業ではありますが、派遣のような形での契約で働いており、年収は350万円程度です。離婚した当時は40歳でしたが契約上、昇給もしません。妻は専業主婦だったので、けして余裕はなかったと思います」

ーー他に原因は考えられませんか?

「やはり年収の低下が原因としか考えられませんね。家事や育児にも積極的でしたし。太ったことや、加齢臭をなじられたことはありましたが、それはいじめられるようなことではないと思っています」

Y氏が離婚した当時の年収は、40代の平均年収である598万円(転職サイトDODA調べ)と比べると、確かに低い。しかし、もし結婚する前からこの年収だったとしたならば、これほどまでのいじめが行われたのだろうか……。順風満帆な結婚生活に終焉を感じていたのは、あるいは妻のほうだったのかも知れない。もちろん、お互いが力を合わせて乗り越えることもできたはずではあるが。

ここ数年、雇用不安や年金不安で新たに不動産投資に参入するサラリーマンが増えているが、その背景に「家庭内いじめ」が潜んでいる家庭もあるのかもしれない。

【関連記事】この記事を見た人はこんな記事も見ています!


・ 妻の年収1500万、夫320万……一見幸せな「逆玉婚」に隠された悲惨な実態

・ 旦那の年収、1000万円でも足りない!? 妻たちが打ち明けた「仰天の本音」

・ 女性の望みを全て叶えたら、家庭内年収はどれくらい必要なのか?

・ 家庭崩壊率が高い? 浮気者が多い? 高所得者の「ダークサイド」

・ 大家族ほどおトク!? 独り身ほど損!?