アクセントをどの壁面にもってくるのがベストか?

「アクセントを入れる壁面は、入口に立ったときに目を引く壁面が基本です。そして、窓の有無、位置、壁の面積などの条件も含めて判断します。とくに大きな柄物であれば窓が無い方がより映えます。 写真のリビングでは吹き抜け天井を強調するためロフトの上まで続いている壁面を選び、全体がつながっている形のアクセントにしました」

【事例1:赤のリビング】
アクセント/リリカラ LV-5418
ベース/リリカラ LB-9742(量産クロス)
1赤リビング

【事例2:水色のリビング】
アクセント/リリカラ LV-5004
ベース/リリカラ LB-9742(量産クロス)
2水色リビング

効果的な柄クロスの使用例

「本来、狭い部屋に大きな柄を合わせるのは、圧迫感を与えるため避けますが、このリビングの場合は、家具と窓の木製ブラインドに合わせて、あえて大きめな茶系チェックを選択しました。気取らないカジュアルな雰囲気のコーディネート例です。

無地のカラークロスに比べて柄クロスは好みがわかれます。とくに花柄を使うときは女性限定になりがちなので、選ぶなら抽象的な花柄がおすすめです。 なお無地のカラークロスであれば、性別問わず入居があります。事例1の赤いクロスの部屋は男性にご入居頂いています」

【事例3:柄クロスのリビング 】
アクセント/リリカラ LL-3180
ベース/リリカラ LB-9715(量産クロス)
3チェック

濃い色のアクセントクロスの使用例

「こちらのリビングは黒い布調の照明の色味に合わせて、黒に近い濃い紺を選んでいます。質感は織目調で素材の統一感を出しています。 広い部屋なので大胆な色にしましたが、狭い部屋であれば薄い色、小さな柄が向いています

【事例4:濃いカラークロスのリビング】
アクセント/リリカラ LL-3612
ベース/リリカラ LB-9704(量産クロス)
4濃い紺