アクセントクロス_ph

アクセントクロスとは、部屋の壁紙の一部分を違うものに変えること。効果的なアクセントクロスで部屋を印象づけて、入居促進をはかることができる。今回はキャリア11年の実績を持つ、プロのインテリアコーディネーター、みなやまくみこさんから、入居者に受けるアクセントクロスの使用法、選び方を解説いただいた。今すぐ使えるカタログ品番付でプロの技を伝授する!

アクセントクロスの基本と大家さんがしがちな失敗例

すっかり市民権を得たアクセントクロスだが、選び方では良くも悪くもなる。まずは大家さんがしがちな失敗例を聞いてみた。

「やりがち失敗は、ワンルームの一部屋に、いろんな柄や色のクロスを取り入れているケースです。ひとつひとつの色やデザインは魅力的でも、狭い空間に種類がありすぎるのも、統一感に欠け、落ち着きのない部屋になりがちです。 クロス使いは統一感が大事です。ワンルームの場合でも、たとえ3LDKであっても、水回りも含めて、世帯単位でコーディネートする方が入居者へ良い印象を与えます」

では、どのように統一感を出したら良いのだろうか。ずばりアクセントカラーの決め方のコツはあるのだろうか?

「まず一棟単位(建物で統一)か部屋単位(その世帯ごとに統一)するかを決めます。 たくさんの色・柄使いたい場合は一棟ではなくて部屋ごとにします。 次にコンセプトです。『北欧』『ビンテージ』『レトロ』など決めたら、コンセプトにそって色味・柄・質感を統一させていくのがポイントです」

次にベースとなるクロスとアクセントクロスとの組合せ方法は……。

「賃貸物件の場合はベースに単価の安い量産タイプのクロスを使います。ベースになる面は広く明るく見えるため白かオフホワイトが主流です。

インターネットではメーター350円から380円売られていますが、実際に施工する会社では職人の手間代が含むため、金額はまちまちです。おおよそ1平米の施工費800円~1200円程度が目安となります。そして、アクセントクロスの種類は、1色が基本で、部屋によっては2色のなかで決めるのがルールです」

■量産クロス
今回紹介するのは、サンゲツ「SP」、リリカラ「BASE」というカタログ。どのメーカーもほぼ同じような柄がある。選択するなら織目調か石目調。全体的なあたたかいイメージなら布の織目のようなデザインの織目調水まわりやクールに仕上げたいときは石目調。基本的にアクセントクロスの素材感に合せる。

量産クロス02

上がサンゲツの「SP」、下がリリカラの「BASE」

量産クロス01

上がサンゲツの織目調、下がリリカラの石目調

アクセントクロスは一般的に『1000番台クロス』と呼ばれるものを使います。柄の数、色、素材感の種類が多く、各メーカーの売れ筋のクロスが揃っています。 メーター1000円が基準となっており、量産クロスに比べて、1.5~2倍程度のコストが目安です」

■アクセントクロス(1000番台クロス)
カタログ名はサンゲツ「リザーブ1000」「ファイン1000」。リリカラでは「ウイル」「ライト」「ウォール」。

1000番台クロス

1000番台クロスと呼ばれているアクセントクロスのカタログ

webカタログで見てA4サイズのサンプルを無料で送ってもらうことが可能。またメーカーのショールームでももらうことができる。 その他の注意として、クロスの張替のときに下地が残りやすく、薄いクロスを選ぶと下地の凹凸が出て仕上がりがきれいでないため、なるべく厚手のクロスを選ぶと良い

クロス選びの次は、リビングなどの広い空間から、水回りなどの狭い空間でのアクセントクロスの使用例・選択のルールを紹介する。すぐに使える、9つのアクセントクロスのコーディネート事例(写真付き)と一緒にご覧頂こう。

アクセントをどの壁面にもってくるのがベストか?

「アクセントを入れる壁面は、入口に立ったときに目を引く壁面が基本です。そして、窓の有無、位置、壁の面積などの条件も含めて判断します。とくに大きな柄物であれば窓が無い方がより映えます。 写真のリビングでは吹き抜け天井を強調するためロフトの上まで続いている壁面を選び、全体がつながっている形のアクセントにしました」

【事例1:赤のリビング】
アクセント/リリカラ LV-5418
ベース/リリカラ LB-9742(量産クロス)
1赤リビング

【事例2:水色のリビング】
アクセント/リリカラ LV-5004
ベース/リリカラ LB-9742(量産クロス)
2水色リビング

効果的な柄クロスの使用例

「本来、狭い部屋に大きな柄を合わせるのは、圧迫感を与えるため避けますが、このリビングの場合は、家具と窓の木製ブラインドに合わせて、あえて大きめな茶系チェックを選択しました。気取らないカジュアルな雰囲気のコーディネート例です。

無地のカラークロスに比べて柄クロスは好みがわかれます。とくに花柄を使うときは女性限定になりがちなので、選ぶなら抽象的な花柄がおすすめです。 なお無地のカラークロスであれば、性別問わず入居があります。事例1の赤いクロスの部屋は男性にご入居頂いています」

【事例3:柄クロスのリビング 】
アクセント/リリカラ LL-3180
ベース/リリカラ LB-9715(量産クロス)
3チェック

濃い色のアクセントクロスの使用例

「こちらのリビングは黒い布調の照明の色味に合わせて、黒に近い濃い紺を選んでいます。質感は織目調で素材の統一感を出しています。 広い部屋なので大胆な色にしましたが、狭い部屋であれば薄い色、小さな柄が向いています

【事例4:濃いカラークロスのリビング】
アクセント/リリカラ LL-3612
ベース/リリカラ LB-9704(量産クロス)
4濃い紺

狭い空間におすすめ!個性派クロスの使用例

ちょっと冒険したクロスは、トイレなど狭い空間に使うことが効果的です。 サンゲツ・リリカラは大家さんがよく使うおなじみのメーカーですが、シンコールは他で見ないような面白い柄があり個人的におすすめです」

【事例5:シンコールトイレ水色】 
アクセント/シンコール BA-5333
天井/シンコール SLP-709(量産クロス)
5シンコール (1)

【事例6:シンコールトイレ黒色】
アクセント/シンコール BB-1798
ベース/シンコール SLP-709(量産クロス)
6シンコール (2)

「明るく鮮やかな色味のカラークロスは、アクセントとして使う以外にも、天井も含めて、全面(4面+天井)を同一カラーで貼るとかっこよく仕上がります

【事例7:トイレ赤】 
リリカラ リリカラ LW-7079
8赤トイレ

【事例8:洗面台ブルー】 
リリカラLW-7305
7青洗面

上級者向け!クロスの3色使い

上級者向けのクロスを3色使ったコーディネート例です。 使いたい柄クロス(アソートカラー)を選び、そのなかから1色をアクセントクロスに使い、ベースは質感を合わせて選びます。 広さの配分は黄金比を参考にしてください。アソートカラーとアクセントカラーでトーン(色調)の強弱をつけるのがコツです」

■3色使いのアクセントクロス黄金比 
ベースカラー 70%:アソートカラー 25%:アクセントカラー 5%

【事例9:3色使いのリビング】
ベースカラー(天井・壁)/ホワイト75%/サンゲツSP-7205(量産)
アソートカラー/ベージュ系チェック20%/サンゲツFE-8681
アクセントカラー/落ち着いたオレンジ5%/サンゲツFE-9401
9上級3色

アクセントカラーには、柄クロスに使われている色を取り出すと失敗しにくい。 A4サイズのサンプルを並べてみると一目瞭然!
クロス選び

以上、9つの事例を紹介した。カタログの品番で注文すれば、同じコーディネートを再現することが可能だ。アクセントクロスを使ったプロのコーディネート術で、魅力的な部屋づくりに取り組もう。

みなやまくみこph

プロフィール:みなやまくみこ

OLから建築デザイン事務所へ転身。建築会社のインテリアコーディネーター、大手住宅メーカーのリフォーム部門を経て結婚。子供が手を離れたのをきっかけにデザイナーとして復帰。

インテリア工事姉さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/minayamakumiko/